• TOP
  • 専務挨拶

何年たっても愛される、マンションをつくる。 専務取締役 千代谷直之

都心部において、単身者用のマンションは今も変わらず一定のニーズがあります。クオリティの高い賃貸マンションを提供することは、これからの未来を担う若者の暮らしを支えることでもあります。どんな家に住むか、というのは、ファッションのように自分を表現することでもあります。だからこそ、そこに住むことがステータスになり、誇りになるものをつくろうと考えました。アクティブに生活できる優良な立地だけを選択し、洗練されたデザインで、ゆとりのある快適な居住空間を提供していく。それによって豊かなライフスタイルの一助になれば、という想いをこめて、マンションシリーズ「ZOOM」を展開しています。

入居者様に喜ばれる物件をつくることは、オーナー様に喜ばれることでもあります。どの街に建てても、そのエリアで人気No.1の物件であるために、開発時には建設エリアのマーケットリサーチを徹底して行い、その立地の潜在的な需要を探り出して企画。街に合わせて、外観も内装もすべて個性的に仕上げています。会社の利益を追求しようと思えば、空間をムダなく使い、最低限の設備で、画一的な規格の物件をつくりさえすれば良いという考え方もあるでしょう。しかし、何年たとうとも資産価値が高く、愛されるマンションにすることの方が大切です。オーナー様や入居者様、そして取引先の皆様が、私たちの商品・サービスを通してよりよい未来を手にしていくこと。それが、私たちトーシンパートナーズの変わらぬ願いです。

Page Top