DESING CONCEPT

目黒の緑を背に、オープンキッチンと1.5層の立体居住空間で新しいワンルームを提案したタワー状集合住宅

ワンルーム・マンションと呼ばれる商品化された既存のカテゴリーに対して、従来とは全く異なる質と量の居住空間を提供。目黒という都市性と緑を持ち合わせた立地を活かす小規模なタワー状集合住宅で、採光、通風、眺望をすべての住戸に還元しました。

PROJECT CONCEPT

大鳥神社交差点の南、山手通りが緩やかに方向を変える地点に聳え立つ小さなタワー状集合住宅。間取りは部屋の中心にオープンキッチンを置き通路を最小にすることで空間がより広く感じられるようにし、階高3950mmの1.5層住戸にはロフトを設置して床面積をはるかに超える立体的なボリューム感を創出。また最上階の住戸には東西にテラスを配置、日照や眺望を存分に享受できる絶好の環境を提供した。

2階に共用のミーティングルームを設置。設計者デザインの光るテーブルを置き、ゆとりが生まれるコモンスペースとした。

名称 ZOOM目黒 総戸数 32戸+1戸(管理室)
住居表示 東京都目黒区下目黒三丁目7番6号 間取り ステューディオ・2LDK
構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上13階建 地下1階建 事業主・売主 株式会社トーシンパートナーズ
敷地面積 188.41㎡(実測) 管理会社 株式会社トーシンコミュニティー