Hermitage Kamataminami

CONCEPT

Smart White

フランス語で「隠れ家」を意味するエルミタージュ。
古からの街並みに小さな道路が縦横に走る立地は、正に「隠れ家」の名称に相応しい場所です。

ここ「六郷地区」は平安時代末期からの歴史がある街で、源頼朝が1191年に六郷神社を建立。
近代では大正昭和期に建造した六郷水門がインスタグラムなどで話題になっています。

この様な環境に選んだデザインテーマは、周辺一帯を晴れの世界に引き込むよう「白の空間」を効果的に魅せた「Smart White」。

ライトグレーの外壁面の手前に白いバルコニースラブとマリオン、そして乳白ガラスの手摺が構成する第2のフェイスを配置、ダブルスキン効果で白さを際立たせました。

室内では白いバルコニーの天井が反射した光を部屋の奥まで届かせる効果も併せ持ちます。

一方、エントランスアプローチでは全面に石畳を敷き詰め、妻壁のコンクリート打放とメカニカルなドットポイントで留めたガラスのキャノピーで、ハイテクの街をイメージした近代的なデザインにしました。

日が暮れる頃には白のイメージは隠れ、住戸の光がバルコニーを照らす別世界に包まれるようになります。

Page Top