• TOP
  • 公的年金制度について

年金をシミュレーションしてみましょう。

豊かで充実した生活を送るためには、将来にわたってどれくらいの収入が得られるか、シミュレーションすることが大切です。ここでは、あなたの年金がいつから、どれくらいもらえるのか、簡易的に計算することができます。

公的年金制度の仕組み

公的年金制度とは

公的年金制度は、(1)国民年金制度、(2)厚生年金制度、(3)共済年金制度の3つに分かれます。国民年金は、強制加入であり20歳以上60歳未満の人は、職業の有無に関係なく加入することになります。若い時に保険料を負担し、高齢になったときや死亡したときに年金を支給して生活の安定を図る為に国が運営する社会保障制度です。

公的年金制度は2階建ての設計になっています。20歳以上60歳未満の人すべてが加入している「国民年金」から、国民共通の「基礎年金」(1階部分)が支給されます。そのうえに、会社員などが加入している厚生年金保険から「厚生年金」、公務員などが加入している共済組合から「共済年金」が支給されます。

公的年金の開始年齢

国民年金の老齢基礎年金は、原則65歳から受取れます。一定条件のもと、65歳より以前から(繰上げ支給)または65歳を超えてから(繰下げ支給)受取ることができます。
厚生年金は、生年月日と性別によって年金開始年齢が異なりますので、下記の表を見て確認してください。報酬比例部分、定額部分、経過的加算、加給年金額に分かれて支給されます。

公的年金を受取れる条件

国民年金の老齢基礎年金を受給するには原則25年の資格期間が必要です。
資格期間とは、保険料を納めた期間+保険料免除期間+合算対象期間をいいます。

厚生年金を受け取る条件は、老齢基礎年金の受給資格を満たしてかつ、下記の加入期間(被保険者期間)を満たしていることです。
60歳~64歳の厚生年金:厚生年金の加入期間1年以上
65歳からの厚生年金:厚生年金の加入期間1か月以上

年金額について

国民年金の老齢基礎年金

満額の年金額は、772,800円(2014年4月現在)です。納付済み期間などから、所定の計算式で実際の年金額が計算されます。

厚生年金

厚生年金の年金額は、「加入期間」と加入期間の「平均標準報酬月額」によって決まります。
加入期間が長く、給与が高かった人ほど、受取る年金額が多くなります。(それだけ多く保険料を納めているからです)
※平均標準報酬月額とは、加入期間中の標準報酬月額を再評価して期間で平均化した額です。

Page Top