2018年度新卒採用インターンシップ予約受付中

未来に、明るい選択肢を増やそう。

厚生労働省の調査によると、2014 年の日本人の平均寿命は女性が86.8歳、男性が80.5歳とのこと。医療もどんどん発達していますし、食生活もより豊かになっていくでしょう。ご高齢の方が、いつまでも健康で、楽しく暮らしている社会はすばらしいと思います。ただその一方で、年金などの社会問題を抱えていることも事実です。

現在20代、30代で独身の方も、いずれは結婚するかもしれません。家族ができ、子どもも生まれるかもしれません。定年を迎えるころにはお孫さんもいて、みんなで旅行に行ったり、趣味を思いきり楽しみたいと感じるかもしれません。大切な家族のために、できるだけ資産を残したいと考える方もいるでしょう。そんなとき、安心して暮らせるような、選択肢の多い将来をつくりたい。それが、このビジネスに込めた私たちの想いです。

マンション経営は、時間の有効活用です。

私たちのビジネスは、シンプルに言うと、マンション経営(投資)のご提案です。自社で建てたマンションをご購入いただくことで、さまざまなメリット(人生の選択肢)をご提供します。「購入」と聞くと、高い買い物をしていただくようなイメージがありますが、実際には金融機関から借り入れ(ローン)を行うとともに、家賃収入がありますので、おおよそ相殺されます。月1万円程度の支出の方も多く、少ない資金ではじめられるのが魅力です。ちなみに月1万円で考えますと、30年で360万円の支出になります(月1万円×12ヶ月×30年)が、そのとき手元には2000万円前後の資産が残っている計算です。たとえば30代前半で購入される方がいるとして、何もしないまま定年を迎えるか、月1万円の投資をして過ごすか。人生という、大切な「時間」を有効活用していただくことで、充実した人生が増えていけば・・・と、考えています。

選択肢① 老後の資金として
ローンの支払いが終了したあとは、家賃がそのまま収入になります。たとえば月7万円の収入だとして、年金問題に対する解決策のひとつになるでしょう。何より「マンション」という資産が残りますので、売却することも、住むこともできます。

選択肢② 相続税対策として
相続税の主な課税対象のうち、賃貸用不動産は相続財産の評価が低くくなっています。そのため、現金を賃貸用マンションに変換しておくことで、支払う税金を抑えられる上、家賃収入を見込むことができます。

選択肢③ 家族を守る生命保険として
住宅ローンには団体信用生命保険がついています。これは、万が一のときにはローンの残債が相殺される(つまり完済される)というもの。大切な家族のお手元に、家賃収入が見込める資産を残すことができます。

大切な資産だから、堅実な戦略です。

お客様(マンションオーナー)の人生にかかわる仕事です。売れればいい、というゴリ押し営業には反対です。変化の激しい時代ですから、100%大丈夫という戦略もありません。だから、とにかく堅実に、誠実に経営すること。それがお客様の信頼につながり、社会貢献につながっていくと信じています。

つくるところから、フォローまで。全部こだわる。

賃貸がつく(ちゃんと家賃が見込める)いいマンションをつくること。うそをつかず、必要性をしっかり伝えて、正しく販売すること。そして、ちゃんと最後までフォローすること。基本方針は、シンプルです。でも、それがいちばん強いビジネスモデルになると実感しています。

お客様がもっとも心配するのは空室リスクです。つまり、借りる人がいない(家賃が入らない)ということ。これを防ぐためには、まずターゲットを絞ることだと考えます。狙いは、首都圏に住む、単身者。現在約550万人いると言われる単身者ですが、人口動態を見ても、その数は安定して推移しており、需要が見込めるターゲットです。
次に立地。ひとり暮らしをされた方ならご理解いただけると思いますが、住みたい街というのは、ある程度限られるものです。無理して事業を拡大せず、着実に人気のある場所(土地)だけを仕入れて、建設することが大事です。
そして、質のいいマンションを建てること。現在、私たちは好評だった「フェニックスシリーズ」を受け継いで、「ZOOM」というマンションブランドの展開をはじめています。デザイン、設備、セキュリティなど、あらゆる面でクオリティにこだわり、長く愛されるマンションづくりを心がけています。ちなみに賃貸入居率は、過去平均で98%以上。業界トップ水準です。

この仕事は、私たちを信頼してもらう仕事です。良いことだけ言えば、売れるかもしれない。でも、それは誰も幸せにしない。だから、メリットもデメリットもきちんと伝える。法令をしっかり遵守する。説得するのではなく、納得して買っていただく。そういう、まじめにコツコツがんばる社員の多いことが、私たちの自慢です。もちろん、そんな社員をサポートする仕組みづくりには力を入れています。まさにONE TEAM.・・・いい仲間のいる職場です。

» くわしくは Follow Your Career をご覧ください

売りっぱなしは、嫌いです。お客様へのアフターフォローは、特に重要視しています。そのひとつがTOSシステム。グループ会社のトーシンコミュニティと連携して、建物の保守・修繕から、入居者の募集・管理、管理組合の設立・運営までトータルにサポートしています。また、お客様相談室によるサービスや季刊情報誌の発行、税金など専門知識に関するセミナーなどを開催しています。不安要素である空室リスクに対しては借上システム(家賃保証)も行っています。

» くわしくは 安心のアフターフォロー をご覧ください

これからの会社を、一緒につくろう。

「堅実経営」とはいえ、攻めの姿勢も大切にしています。ZOOMという新しいマンションブランドを開発したのも、そのひとつ。最近では、アフターフォローでもっと何かできないか、新たなサービスを検討しているところです。創業27年という歴史によって培ってきた知見や実績がたくさんあります。たとえば10,000戸という供給戸数は、10,000人のお客様とつながっていることでもあります。こうした資産をいかしながら、これからのトーシンパートナーズのビジネスを一緒につくっていけたらうれしく思います。