2018年度新卒採用インターンシップ予約受付中

ブランドつくって魂込めて。加藤 寛

営業/西田 有沙


開発事業本部と営業本部、以前にもまして一体感が生まれているように思います。お客様におすすめするポイントやご説明しやすい資料を提供してもらえて助かっています。そのあたりお聞かせ下さい。

物件を誰よりも知っている開発事業本部と、現場を誰よりも知っている営業本部、ONE TEAMとして、しっかりタッグを組んでいきたいと思っています。だからこそ、営業本部への情報提供を惜しみませんし、営業現場の声を開発にも活かしたい。いいサイクルをつくれたらと思っています。更地の段階から土地を仕入れ、物件が完成するまでの全行程を担うのが開発事業本部。まさに、トーシンパートナーズグループの事業の大もとを支える仕事ともいえるでしょう。かける時間、マンパワー、開発資金も相当なもの。だからこそプレッシャーも大きいし、出来上がったときの達成感も大きい。何もなかった場所に、物件が建ち、そこに人の暮らしが生まれて、街の動きが生まれる訳ですから。この仕事をはじめて十数年というキャリアになりますが、物件が完成して入居募集が始まるといまだにドキドキします。先日、とある物件で立て続けに入居申込みが入り、しかもキャンセル待ちが出たんですよ。物件の価値をお客様にご評価いただけると、開発冥利につきますね。

投資用マンションの開発でいちばん気を遣うのは賃料の設定。物件のエリア、駅からの距離、生活環境、日当たり、眺望、それと物件のグレード、間取りなどを考慮しながら、お部屋ごとに賃料設定を考えます。その見極めが、プロジェクトの命運を握っているといっても過言ではありません。立地が持つ力と物件の力のかけ算が賃料。だからこそ物件をつくる場所は、ターゲット層が、暮らしているイメージが湧くかどうか、隈なく調べます。さまざまな統計データはもちろん、駅までのルートを実際に歩いて、どんな人が駅で乗り降りしているのかをチェックしたり、どんなお店が駅周辺にあるのかを調べたり。物件の力を最大限に高めるために、はやり廃りに左右されない、ホンモノの良さを追求する新しいマンションブランド「ZOOM」も立ち上げました。他社と圧倒的に差別化できる、強いブランドになるように魂を込めて一つひとつ大切に育てていきたい。いつかは、「ZOOMがある街っていい街だよね」と言われるような。そこまでいけたら本望ですね。

長内 勇二 鈴木 義明 上杉 幸大 伊豆原 洋子
瀬川 幸恵 西田 有沙 加藤 寛