幾何的な形状・模様を特徴とする、イタリアの建築家ジオ・ポンティのテイストを処々に盛り込んだカラースキーム「Gio Ponti」。
玄関ドアを開けると三和土に幾何学模様が現れ、黒い大理石の上框にブラッシュドオークのフローリングが繋がります。
室内には、グレイッシュなクロスやダークオークの建具を配置し、キッチンの面材やタイルはジオ・ポンティがデザインしたラグを
イメージして構成しました。
トイレのアクセントクロスにも幾何学模様を取り入れ、洗面台の扉には木目を強調したヒート・トリーテッドオークを採用。
ジオ・ポンティの世界に浸りながら、ヴィンテージ物のインテリアグッズに包まれた生活を楽しむ人たちの為のカラースキームとしました。

A1・A2タイプ完成予想図
※完成予想図はいずれも実際のものとは多少異なる場合があります。

ナチュラルな生活を包む空間の重要なアイテムは「自然な素材を活かして使用する」こと。
フローリングと木製建具には素材色を活かしたナチュラルオークの木目を採用し、白いクロスと白い金物類が互いに引立て合うように
コーディネイト。
キッチンや洗面化粧台には黒い縞模様と透かし模様の扉を付け、大理石調のモザイクタイルとの取り合わせで落ち着いた高級感を
演出しました。
肩の力を抜いた住まい方をしたいNormcoreな人たちの為の自然な色合いのカラースキームです。

G2タイプ完成予想図
※完成予想図はいずれも実際のものとは多少異なる場合があります。