ZOOM TOCHOMAE

新宿の街の移り変わり

人の行き交う量が多い新宿区。
1日平均乗降者数は世界一になるほど多い駅であり、
東西南北で違う顔を持つ地区です。
そんな新宿が急速に発展してきた変遷を
写真とともに振り返ります。

SHINJUKU 移り変わるスポット

1947(昭和22)年に完成した店舗。
前川國男による木造2階建てのモダンな設計。

1948(昭和23)年にできた歌舞伎町。
写真は昭和20年代後半。

昭和30年代中ごろの新宿駅東口。
駅舎は1962(昭和37)年に取り壊され、
大型駅ビルが並ぶ現在まで発展を
続けてきた。

1959(昭和34)年ごろ、
新宿駅の駅舎はまだ小さく周囲の
商店もこじんまりしていた。

1962(昭和37)年の靖国通り。
当時は都電が行き交っていた。

1962(昭和37)年ごろの新宿三丁目。
伊勢丹新宿本店が見える。

歌舞伎町のコマ劇場の跡地に、
今は巨大ゴジラヘッドが目印のビルが建つ。
写真は1979(昭和54)年。

1952(昭和27)年の新宿駅東口前。
右手に高野フルーツパーラーが見える。

SHINJUKU さらに進化し続ける新宿