ワンルームマンション投資のメリットやリスクとは?
失敗例から見る成功のポイント

不動産投資コラム
IMAGE PHOTO

ワンルームマンション投資は不動産投資のなかでも比較的スタートしやすく、初心者に適した資産運用のひとつといえます。ワンルームマンション投資に興味のある方のなかには「具体的なメリットやリスクについて把握しておきたい」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ワンルームマンション投資で期待できるメリットやリスクをひとつずつ詳しく解説します。失敗事例をチェックしておくと、リスクを回避するための材料にも役立つでしょう。後半では投資を成功させるポイントもご紹介します。

INDEX

ワンルームマンション投資をするメリット

ワンルームマンション投資をするメリットイメージ
IMAGE PHOTO

スタート時に費やす金額を抑えながら資産を形成したい方には、ワンルームマンションを購入して運用する方法が最適です。需要の高さと価格の安さを兼ね備えているため、リターンを確保しやすい方法でもあります。さらにどのような魅力があるのかを知って、メリットを最大限活かせるよう3つの項目に分けて詳しく解説します。

需要が高く入居者がつきやすい

ワンルームマンションは、独身の社会人や一人暮らしの学生などに需要のある点が特徴です。家賃は立地条件や広さによって異なりますが、『単身者は住む部屋を購入することは稀である』ことは共通しており、ファミリータイプのマンションと比較すると貸しやすいと言われています。さらに現在は未婚化、晩婚化が進んでおり、SOHOやマンスリーマンション、企業の借り上げ社宅など需要の幅に広がりをみせています。

単身者の多いエリアは建築規制が入っていることが多く、供給が少ないエリア狙えば、空室が発生するリスクを低減できる点も賃貸経営をする上で優位性が高いため、資産形成に大きく貢献できます。

そもそも投資商品として流通しているため、購入した不動産を手放す場合も次の買い手が見つかりやすいのは、ワンルームマンションならではの魅力といえるでしょう。

初期投資が少ない

ワンルームマンションの場合、初期投資が少なくてもはじめられます。戸建て住宅や面積の広いファミリーマンションでは大金を要するため、投資を決断できない方もいるでしょう。ワンルームマンションであれば、少ない予算でもはじめられ、希望に合った物件を見つけやすいことも魅力のひとつです。

不動産投資では、ローンを活用できます。自己資金を抑えながら投資を続けたい方は、フルローンを活用して少しずつ返済してもよいでしょう。初期投資が少ないながらも着実に資産形成ができます。

「投資で資産を増やしたいが、資金を用意できない……」といった場合にも有益な方法です。ハードルの低さを重視したい方は、ワンルームマンション投資を視野に入れてみましょう。

物件の管理がしやすい

ワンルームマンション投資が一般的な不動産投資と異なるのは、物件の管理が簡略化できるという点です。多くの場合、必要なメンテナンスや修繕は管理会社に任せられます。管理しなければならない範囲が狭いため、状況を把握しやすいこともメリットといえるでしょう。

経年劣化や災害でリフォームが必要になると、施工費用や依頼費用は投資家自身が支払わなければなりません。施工を行う面積が広いほど金額も高くなるため、家族向けのマンションに比べると費用は抑えられるため安心です。

出費を抑えながら管理を任せられる点は、多忙な投資家にとって便利なシステムです。会社員であれば本業と物件の管理を両立するのは、負担を増幅させる要因にもなります。ワンルームマンションであれば気軽に運用を続けられるでしょう。

ワンルームマンション投資で考えなければならないリスク

ワンルームマンション投資で考えなければならないリスクイメージ
IMAGE PHOTO

ワンルームマンションの投資を検討している方は、デメリットやリスクも考慮しなければなりません。メリットだけを重視すると、思わぬ失敗を招く可能性もあります。リターンの度合いや空室リスクなど、複数の観点からポイントを把握しておきましょう。ワンルームマンション投資で懸念される3つのリスクをご紹介します。

短期的に大きなリターンには期待できない

ワンルームマンション投資で理解しておきたいのは、一物件あたりから得られる家賃収入が少額な傾向にある点です。基本的には物件の規模と賃料収入は比例するため、ワンルームマンションで大きな収入を得るのであれば単純に購入する物件数を増やさねばなりません。短期的に価格が大きく変動する投資商品ではないため、毎月得られる家賃収入を長い期間こつこつ得続ける、ロングリターンを期待すべき商品といえます。

空室時は収入がゼロになることも

ワンルームマンションに限らず、不動産投資を行ううえで空室リスクは重要な要素です。空室になり収入がゼロになることも想定しておきましょう。場合によっては数か月間空室の状態が続くこともありえます。

一室あたりの家賃が少なく、マイナスになる度合いが小さい点はワンルームマンションの強みなので、長期間継続して運用することで大きな収益が期待できます。

不動産投資は数年単位ではなく、数十年後の未来を見据えて行う資産運用です。開始直後に効果が得られるものではないため、あくまでも長期運用を前提とした収益を予測しなければなりません。

建物の資産価値は年々減少していく

戸建て住宅やマンションなど不動産のかたちを問わず、建物は経年とともに劣化が進行します。外壁の劣化で見た目が悪くなったり、建物内の老朽化で修繕を求められたりすることもあるでしょう。そのほか、景気の悪化などさまざまな要素が影響して不動産の価値が下落することがあります。

「購入した当初と同じ価値が維持しにくい」という点は理解しておきましょう。保有する期間が長いほど、価値の減少率も大きくなる傾向があります。得られる家賃収入が下落した物件は、投資商品としての魅力が減ってしまうため、売却額に影響を及ぼすことも知っておくべきです。

資産価値の下落は、不動産投資すべてにおいて懸念されるリスクです。リスクを回避するには、家賃を維持する必要があります。購入物件が将来家賃を維持できそうか、管理会社はどの程度資産価値の維持に貢献できそうかも考慮すべきといえます。

ワンルームマンション投資の失敗事例

ワンルームマンション投資の失敗事例イメージ
IMAGE PHOTO

投資におけるリスクを避けるためには、実際にどのような結果を招くのか知ることが大切です。ポイントをおさえるだけではイメージしにくいため、可能性として考えられるリスクを具体化してみましょう。投資をはじめてからリスクヘッジを行う際の参考材料としても有効です。ワンルームマンション投資の失敗事例を3つご紹介します。

【ケース1】設備の老朽化による出費がかさむ

中古の不動産へ投資を行い、直後に想定外の修繕が必要となった事例です。大規模な工事を求められたため、最終的には200万円以上のお金を費やす結果となりました。新築よりも中古物件のほうが遭遇する可能性が高いトラブルといえるでしょう。

中古物件に投資する場合は、購入時の築年数や老朽の具合を明確にしなければなりません。新築に比べて安価である点はメリットですが、建物の状態が悪ければ経済的負担を増幅させる可能性があるためです。

【ケース2】家賃保証を過信してしまった

不動産投資を展開する会社のなかには、「空室が出ても規定の家賃収入を保証する」といったサービスを提供する場合があります。言葉だけを見ると魅力的な内容ですが、過信しすぎると損失を増幅させる結果を招くかもしれません。

保証自体に問題があるのではなく、ローン返済の金利と深い関係性にあるためです。「空室時の保証があるから」と高額なローン契約を行った場合、予想以上の金利が上乗せされて赤字が続くリスクもあります。魅力的な保証の内容だけでなく、実際の返済額と家賃相場も明確にしておきましょう。

【ケース3】売るタイミングがわからない

ワンルームマンション投資をはじめて利益が発生したにもかかわらず、売却時期を判断できずに損失を生んだ事例です。不動産価格は経済の状況によって価格が変動します。またローンで購入した場合は残債の大きさも関係してくるため黒字を保てるタイミングを見極めなければなりません。

適切な時期を逃して保有し続けた場合、家賃の設定金額が減少して収入額も減る可能性があります。空室のまま管理を続けると出費が増えるため、売却時期の見極めと適切な判断が重要です。

ワンルームマンション投資の成功事例

不ワンルームマンション投資の成功事例イメージ
IMAGE PHOTO

リスクや失敗事例を多数知ると、「自分には向いていない」と不安に感じるかもしれません。投資を成功させるには、成功事例から学んで活かす意識も大切です。実際にどのような流れで成功までつなげているのか、複数の視点から事例をチェックしておきましょう。成功に導いた3つのケースをご紹介します。

【ケース1】都心の優良物件を購入して成功した

人口密度の高い都心部から物件を選んで収益化につなげた事例です。長期間運用するうえで「どのくらいの需要があるのか」が重要なポイントとなります。地方で賃貸物件を運用するよりも、県内外への出入りが激しいエリアを選んだほうが賢明といえるでしょう。

東京都をはじめ、長年人口密度の高さを維持しているエリアは空室リスクの低減にも効果的です。今後数十年運用するなかで人口が激減する可能性が低く、常に需要を維持できるような場所・物件の選択が成功に影響します。

【ケース2】元手資金をほとんど使わずに資産形成に成功した

多額の資金を用意することに不安を抱える方もいるかもしれませんが、現在の貯蓄に手を出すことなく運用を始めることも可能です。実際に元手はほとんど使わず、ローンを返済しながら利益を獲得したケースもあります。

借り入れを増やすため抵抗感はあるものの、初期投資額を抑えるには賢明な選択肢ともいえるでしょう。家賃収入は月々の返済に充てられるため、経済的負担を和らげながら運用を続けられます。

【ケース3】販売や管理を任せて成功した

ワンルームマンション投資を成功させるには、信頼できる不動産投資会社を見つけて依頼しなければなりません。依頼先によって考え方が異なる可能性もあるため、自分が納得できる担当者と出会う機会をつくりましょう。

販売から管理まで任せられるプランがあると、専門的な知識がない方でも安心して運用できます。パートナー選びも成功の可能性を左右すると考え、相性のよい不動産投資会社を探してみましょう。

ワンルームマンション投資は新築と中古どちらがおすすめ?

ワンルームマンションを選ぶ際には、大きく分けて新築・中古の2つがあげられます。事例を参考に、初心者がリスクを回避しながらリターンを得るのであれば、新築物件への投資が賢明といえるでしょう。中古物件に比べると以下のようなメリットを得やすいためです。

  • 担保価値が高く融資を受けやすい
  • 購入直後の修繕リスクが低い
  • 物件に関する情報が揃っており管理がしやすい

中古物件の場合、投資を始めた直後に出費がかさむ可能性があります。築年数が長いほど修繕リスクが高まるため、新築よりもメンテナンス費用が高額になることが多いでしょう。初期費用を抑えられるメリットはあるものの、リスクの高さを考えると新築のほうがおすすめといえます。

ワンルームマンション投資に成功するためのポイント

ワンルームマンション投資に成功するためのポイントイメージ
IMAGE PHOTO

ワンルームマンションへの投資を予定している方は、着実に資産形成をするためにも成功のコツをおさえておきましょう。プランを明確化するだけでなく、ローンの契約条件にも注目しなければなりません。ここからは、ワンルームマンション投資で成功を導くためのポイントを3つの観点からご紹介します。

着実に収益をあげられるプランを立てる

不動産投資は「初期投資額が高いほどリターンも大きい」というものではありません。物件の価格が高額でも、立地条件が悪かったり老朽化が激しかったりすると損失を生む可能性があります。短期間でのリターンに注目するのではなく、数年後、数十年後といった規模で考えましょう。長期運用を前提としたシミュレーションも役立ちます。

株式投資のような急激に成長するシステムではなく、少しずつ資産が積み上がって大きな資産にするイメージです。運用途中に修繕する可能性や、空室が長期間続くリスクなども考慮しておきましょう。様々なトラブルを想定することで、着実に収益化に近づいていきます。

ローンの条件が有利な物件を選ぶ

物件の購入には大金を要するため、金融機関とローン契約を結ぶケースがほとんどです。契約先やプランによって総合的な支払い額に差が出ます。完済までの期間・金利も多数のパターンがあるため、収益化に有利な条件を探して契約に進みましょう。

たとえば、極端に金利が高くなると最終的に費やす金額も増幅します。「ローンの審査が通りにくいから」といった理由で金利を妥協すると、家賃収入が減少したときのリスクが大きくなりますので、不動産会社とも相談しながら条件に合ったプランを探しましょう。

中古と新築の物件を比較すると、新築のほうがよい条件を設定しているケースが多く見られます。なるべく低金利な契約内容を重視し、返済リスクを高めない意識をもつことが大切です。

信頼できる不動産投資会社を選ぶ

現時点で依頼先が決まっていない方は、不動産投資会社に具体的な相談をして検討してみましょう。プランの内容だけでなく、将来の計画性を説明してくれるか、リスクに関する情報も共有してくれるかといった点も確認が必要です。

信頼性の高い担当者に任せられると、投資が成功につながる可能性も高まります。運用中に疑問が発生したときも説明を求めやすいため、長期的に関係を続ける投資方法において不可欠な要素ともいえるでしょう。

「依頼先を決断できない」と悩んでいる方は、首都圏に物件を展開するトーシンパートナーズにお任せください。安心できるプランをご希望に沿うかたちでご提案いたします。オンラインチャットでの気軽な相談や資料請求の申し込みも受け付けています。

まとめ

まとめイメージ
IMAGE PHOTO

ワンルームマンション投資は、投資額を抑えながら資産形成を目指したい方におすすめの方法です。メリットとデメリットを理解し、リスクを考慮したうえで自分に合った物件探しを始めましょう。失敗・成功の事例をチェックすると、より具体的な計画を立てやすくなります。

首都圏でワンルームマンションへの投資を考えている方は、ぜひトーシンパートナーズでの運用をご検討ください。不動産投資が初めての方でも気軽に始められるよう、手厚いサポート体制を整えています。

Page Top