初心者にもおすすめの資産運用を徹底比較!
自分に合う方法を選ぶポイントは?

不動産投資コラム
IMAGE PHOTO

資産運用には、簡単に始められる「預金」から専門知識が必要な「株式投資」まで幅広い選択肢があります。投資方法の多くは初心者にも広く知られていますが、具体的にどのような違いがあるのか理解していない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、資産運用の傾向や特徴を複数の項目に分けて徹底的に解説します。自分に適した方法を見極める力が身に付くと、効率的に収益が得られるでしょう。初心者におすすめの方法を重点的にピックアップするので、ぜひ参考にしてみてください。

INDEX

6つの資産運用を項目別に比較!

6つの資産運用を項目別に比較!イメージ
IMAGE PHOTO

金融商品を選ぶ際に把握しておきたいのは、運用リスクや最低投資額といったポイントです。リスクが高いほど失敗したときの損失が大きくなりやすいため、資産運用の傾向を理解しておきましょう。手数料や運用期間の違いも重要な要素です。ここでは、初心者向けの6つの資産運用の傾向を比較しながらご紹介します。

運用リスクとリターン

資産運用で収益を得る上で、どのくらいのリスクとリターンがあるかは特に重要です。一般的に、リスクが高ければリターンも大きくなる傾向にあります。以下の表を参考にリスクの度合いを把握しましょう。

資産運用の方法 リスクとリターンの度合い
預金 ローリスク・ローリターン
株式投資 ハイリスク・ハイリターン
債券投資 ローリスク・ローリターン
FX ハイリスク・ハイリターン
投資信託 ミドルリスク・ミドルリターン
不動産投資 ミドルリスク・ミドルリターン

初めて投資を行う方にはローリスクな預金や債券投資がおすすめです。リターンの低さが気になるなら、バランスのよい投資信託や不動産投資に挑戦してもよいでしょう。最初からリスクが高い方法を選ぶと損をする恐れがあるので注意が必要です。

最低投資額

不動産投資を除く資産運用では、投資先があらかじめ最低投資額を設定しています。資金と相談しながら投資しやすい方法を選んでみましょう。

資産運用の方法 最低投資額
預金 1円
株式投資 100株×1株あたりの株価(銘柄により異なる)
債券投資 1万円(個人向け国債)
FX 1,000通貨(取引所の通貨単位により異なる)
投資信託 100円
不動産投資 物件価格やローン契約内容により異なる

金額に着目すると、資金が少額でも始められるのは預金や投資信託、FXです。株式投資は購入する銘柄の株価によって金額が変動する仕組みを理解しなければなりません。100株以下から買える場合もありますが、原則100株が基準になると考えましょう。

手数料

資産運用の方法や投資先によっては、購入金額以外に手数料がかかる場合があります。具体的な金額は会社により異なりますが、どのような手数料が必要なのか把握しましょう。

資産運用の方法 手数料名
預金 入出金手数料
株式投資 売買手数料
債券投資 売却手数料(個人向け国債を途中で売却した場合)
FX 取引手数料
投資信託 売買手数料、信託報酬(運用管理費用)、信託財産保留額
不動産投資 仲介手数料

不動産投資の仲介手数料は、不動産会社を介して投資した際に発生する料金です。また、投資信託の購入時には手数料が必要ですが、近年では購入費用のみで始められる販売会社も増えています。売却時の手数料は利益から差し引かれるため、投資する前にシミュレーションすると安心です。

運用期間

金融商品を購入してから売却するまでの運用期間は、資産運用の方法により適した長さが異なります。数か月程度の短期運用から10年以上の長期運用までと幅広いため、いつまでに収益を得たいかを基準に選ぶとよいでしょう。

資産運用の方法 運用期間
預金 1年以上の長期運用
株式投資 短期から長期まで銘柄による
債券投資 長期運用
FX 数週間~数か月の短中期運用
投資信託 中長期運用
不動産投資 多くの場合10年以上の長期運用

初心者におすすめなのは、価格変動が緩やかな商品の長期運用です。短期運用の金融商品は売却のタイミングが重要なため、経験値によって収益が左右されやすい方法といえるでしょう。普通預金はいつでも自由に引き出せますが金利による利益はほとんど得られません。利益を得たいのであれば他の商品での長期運用が賢明です。

時間的コスト

金銭的な負担だけでなく、費やす時間も考慮する必要があります。購入前には、運用中にかかる時間的コストをチェックしましょう。

資産運用の方法 購入から売却までに必要な作業
預金 入金、出金以外はほとんど作業不要
株式投資 相場や価格変動のチェック
債券投資 国債の場合、預けたあとはほとんど作業不要
FX 相場や価格変動のチェック(24時間)
投資信託 購入後はほとんど作業不要
不動産投資 物件や入居者の管理

売買取引がインターネット上で完結する場合、手軽に手続きができ時間的コストの軽減につながります。FXのような短期運用の金融商品は、売却のタイミングを見極めるためにも継続的な監視が必要です。

不動産投資では管理の手間がかかりますが、管理会社へ委託可能なため購入後の実働はほとんどありません。アフターフォローが充実している不動産会社を選ぶことで時間的コストを軽減できると尚良いでしょう。

6つの資産運用の特徴

6つの資産運用の特徴イメージ
IMAGE PHOTO

運用リスクとリターンや運用期間、時間的コストの違いを理解したら、具体的な特徴を見ていきましょう。収益を得る仕組みや魅力だけでなくデメリットも把握して、リスク回避に役立てることが大切です。ここでは、6つの資産運用の特徴をご紹介します。

預金

預金は、金融機関に口座を開設してお金を預けることで収益を得る方法です。あらかじめ設定された金利と預けた期間に応じた利息が収益となります。一般的に利用されている普通預金のほか、主な預金の種類は以下のとおりです。

  • 普通預金
  • 定期預金
  • 積立定期預金
  • 貯蓄預金
  • 納税準備預金
  • 外貨預金

元本割れのリスクはほとんどなく、誰でも気軽に始めやすい方法といえるでしょう。ただし、多くの場合、金利が低く大きなリターンにつながらない点に注意しなければなりません。例えば、年利0.01%の場合、100万円を10年間預けて得られる利息は1,000円です。

タンス預金に比べればましとはいえ、資産を増やすことを目的としている方は満足できないかもしれません。

株式投資

株式は、短期運用に向いたものから長期運用に適したものまで幅広くそろっており、資金や目標によって銘柄を選べるというメリットがあります。株式投資は、資産運用の中でも知名度が高く、挑戦したいと考えている方も多いでしょう。

運用に成功すると想像以上のリターンが得られる場合があり、なるべく多くの利益を獲得したい方に適した方法です。ただしハイリターンが見込める一方、失敗したときの損失リスクが高い点を理解しなければなりません。

また、株式の多くは100株単位での購入となるため、株価が高額なら100万円以上の資金が必要となります。専門的な知識を活用して運用することで収益が得られるため、初心者にとってはハードルが高い方法といえるでしょう。

債券投資

国や特定の企業が資金調達をする際に発行する債券を購入し、満期まで決められている金利に応じた収益を得る方法が債券投資です。財務省が発行する個人向け国債のほか、以下のような種類があります。

  • 国債:国(財務省)が発行
  • 政府関係機関債:公庫や独立行政法人が発行
  • 地方債:地方公共団体が発行
  • 社債:会社や企業が発行

あらかじめ決められた期間で償還されるため、売却のタイミングを見極める必要がありません。特に国債や地方債といった公共債は、ローリスクで運用したい方におすすめです。資金や目標によって購入金額や運用期間が選べるので、リスクを軽減しながら預金よりも高い収益を得たい方に適した方法といえるでしょう。

FX

FXは、日本と外国の為替変動を利用して収益を得る方法です。短期~中期の運用に向いているため、早く収益を得たい方には魅力的な金融商品といえるでしょう。ただし、レバレッジにより高いリターンが望める一方、失敗すると損失を生みやすいリスクもあります。

また、24時間取引が可能なため、定期的に値動きをチェックしなければなりません。普段会社に勤めている方や時間が取りづらい方は、思うように運用できない恐れがあります。夜間でも取引可能な仕組みを活用できる方なら、株式投資よりも気軽に売買でき多くの収益を得られるかもしれません。

株式投資と同様に知名度が高い方法ですが、リスクの高さを考えると初心者が大きな資金を投下するにはあまりおすすめできません。経験を積むために、1,000円程度の少額から始めると良いかもしれません。

投資信託

投資信託では、投資家から集めた資金を運用会社が投資、運用することで収益を得ることを目指します。購入方法や対象地域で細分化されており、好みの運用方法を選べる点がメリットです。値動きをチェックし続ける必要がないため、投資初心者や多忙な方にも適した方法といえるでしょう。

金融商品を見極める力があれば、購入後に何もしなくても収益が得られます。売買差益のほか、分配金が支払われるものがあることも特徴のひとつです。

時間的コストの少なさや長期運用向けという特性から、投資が初めての方でも挑戦しやすい方法といえるでしょう。ただしプロが運用するとはいえ、リスクが全くないことはありません。経済の状況によって運用先の商品の価格が大きく変動することも考えられます。100円から購入できる商品もあるので、感覚をつかむためにまずは少額から投資を始めるのも良いかもしれません。

不動産投資

不動産投資では、購入した物件の家賃収入を得続けることで将来の大きな資産形成を目指します。不動産は高額商品のため、初心者にはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし実際にはローンを活用できるため少ない資金で大きな資産に投資でき、長期的な目で見ると資産の拡大が十分に期待できます。

管理を委託すれば、時間的コストもほとんどかかりません。ただし、空室の発生や家賃下落のリスクは考慮しましょう。

短期で利益を得ることを求めるのではなく、長期的な資産形成を目的とした方法です。都心部の不動産は流動性を維持しやすいため、需要が高い建物を購入するとリスクの回避にも役立つでしょう。

自分に合った資産運用を選ぶポイント

自分に合った資産運用を選ぶポイントイメージ
IMAGE PHOTO

資産運用の方法を選ぶ際には、知名度や人気だけでなく「自分に適しているかどうか」を基準に判断することが大切です。リスクやリターンのほか、運用期間や資金力も重要なポイントとなるでしょう。ここでは、資産運用選びのポイントを3つご紹介します。

リスクやリターンを考えて選ぶ

元本が保証されている方法でも、収益が得られないと投資した意味がありません。また、損失の度合いに差はあるものの、どのような資産運用にも少なからずリスクがあることを理解しましょう。

運用方法のリスクやリターンのバランスを考慮した上で、リスクの高さを容認できる金融商品を選びます。可能な限り損失のリスクは負いたくないという方は、始めは預金や債券投資を選ぶのが賢明です。

リスクとリターンのバランスがとれているものを選ぶなら、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資や投資信託を選ぶのもよいでしょう。うまく運用できないケースを想定しながら、無理なく続けられる方法を見極めましょう。

運用期間や時間的コストで選ぶ

「いつまでに収益を得たいのか」「資産運用にどのくらいの時間を費やせるか」といったポイントも重要な要素です。実践したい方法に適した運用期間を把握し、自分の希望通り進められるかシミュレーションしましょう。

例えば、長期運用を望んでいる方にFXや株式投資(デイトレード)はあまりおすすめできません。反対に、数週間単位で収益を得ることを目指すなら、投資信託よりもFXのほうが適しているでしょう。

また、金融商品を購入したあとに時間的コストをかけたくない方は、値動きの監視が不要な投資信託や債券投資といった方法が向いています。このように、複数の観点から条件と照らし合わせることで、目標とする時期や費やせる時間に合った方法を明確にすることが可能です。

資金力に応じて選ぶ

投資に必要な資金は金融商品によって異なります。投資に充てる金額は、生活費や教育費といった用途の決まっているお金を除いて算出しましょう。毎月必要な資金まで投資に回してしまうと、損失を生んだ際に経済的負担が大きくなる恐れがあるためです。

資金が最低投資額まで達していない方が、無理に投資を始めるのは賢明といえません。まずは貯蓄をし、十分な資金を用意してから投資をスタートしましょう。

また、投資信託や債券投資といった少額の資金でも始められる方法から実践するのもひとつの方法です。投資先によって具体的な金額は異なるため、挑戦したい資産運用の方法がはっきりとした段階で相談してみるとよいでしょう。

資産運用を始めるなら不動産投資がおすすめ

それぞれの投資家に適した資産運用の方法は、目標とするリターンや運用期間といった条件によって異なります。これまで投資をしたことがなく、どの方法を選べばよいか迷っている方は不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。不動産投資は、ミドルリスクで収益を得ることが期待できる初心者向けの方法です。

不動産投資ローンを利用すれば、少額の資金でスタートできます。リスクを軽減するためにも、信頼できる不動産会社を選んで有益な取引を実現しましょう。

トーシンパートナーズは、新築・中古のワンルーム・コンパクトマンションの投資をご提案する不動産会社です。初期投資や月々の支払いを抑えることで、初心者でも気軽に始めやすい仕組みを整えています。資産運用に興味がある方は、ぜひ不動産投資をご検討ください。

まとめ

まとめイメージ
IMAGE PHOTO

資産運用には、預金、債券、FXといった多くの選択肢があります。投資家の資金や目標によって適した方法が異なるため、特徴を理解した上で自分に合った資産運用を見極めましょう。リスクやリターンのほか、運用に必要な時間的コストや運用期間といった要素も重要な判断基準です。

不動産投資なら、投資経験が豊富な方だけでなく初心者でも安心して資産形成ができるアフターフォロー体制を整えています。オンライン面談も可能ですのでまずはお問い合わせください。

Page Top