このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。(この表記は令和5年3月28日内閣府告示第19号を受け、消費者庁長官から発出された運用基準に基づき表示されるものです。)

これから伸びる仮想通貨ランキング2023!将来性やおすすめの草コインを解説。

読者

これから伸びる仮想通貨を知りたい

読者

今後の仮想通貨の将来性はどうなの?

こういった疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

仮想通貨はここ数年で新しい投資先として世界中から注目を集め、多くの資金が市場に流れ込んでいます。

この記事では、これから伸びる仮想通貨のランキングや特徴について詳しく紹介します。

これから伸びる仮想通貨をまとめると
  • 仮想通貨は今後も価格が伸びていくと予想されている
  • これから伸びていく仮想通貨の特徴は「時価総額が伸びている」「ホワイトリストに載っている」「ボラティリティが高い」「流動性が高い」など
  • アルトコイン・草コインは価格の急騰が期待できる
  • 取引所に上場予定の仮想通貨は今後伸びる可能性がある
  • 仮想通貨は様々なサービスや、国の法定通貨に使用されているので将来性がある
  • 将来性のある仮想通貨を入手するためには仮想通貨取引所の口座が必要
  • おすすめの仮想通貨取引所はコインチェック
CoinCheckはアプリDL数No.1で
当サイトでも一番人気の仮想通貨取引所!

CoinCheck-比較ポイント
CoinCheckは、使いやすいアプリが大人気!
特にこれから仮想通貨取引を始める方におすすめです!

コインチェック

\取引所の取引手数料無料!/

コインチェック

もくじ

これから伸びる仮想通貨ランキング

これから伸びる仮想通貨_ランキング
これから伸びる仮想通貨10選を紹介します。

どの仮想通貨も人気があり、日本人の取引も多いです。

解説をご覧になり、今後の仮想通貨取引の参考にしてください。

出典: CoinMarketCap

【仮想通貨の王道】ビットコイン

これから伸びる仮想通貨_ビットコイン

ビットコインは2008年に発行された世界初の仮想通貨で、最も有名なコインの1つです。

仮想通貨の中で最も時価総額が高く日本円で123兆円の規模があり、世界中で盛んな取引が行われています。

2020年から2021年に価格が急騰したことで日本でも大々的にニュースなどで取り上げられ、投資に関心のない方の認知度も高いです。


ポイント
  • 通貨:BTC
  • 時価総額:約123兆円(1位)
  • 価格:628万円(2024年1月現在)
出典:Bitcoin.org

【NFTで需要拡大】イーサリアム

これから伸びる仮想通貨_イーサリアム

イーサリアムは時価総額がビットコインに次ぐ2番目で、様々なサービスや技術に応用されていることで注目されています。

イーサリアムの技術を利用したプラットフォームで通貨として使用されたり、ビットコインよりも複雑な取引や契約ができ処理も速いので需要が高いです。

NFTなどイーサリアムを利用した技術やサービスが次々と誕生しているので、今後も価格が伸びることに期待できます。

ポイント
  • 通貨:ETH
  • 時価総額:約44兆円(2位)
  • 価格:37万円(2024年1月現在)
出典:ethereum.org

【国際送金で活躍】リップル

これから伸びる仮想通貨_リップル

リップルはアメリカ企業のリップル社が金融機関の国際送金システムで利用される仮想通貨で、発行枚数が決まっています。

すでに上限枚数が発行されていて、新しいリップルが生成されない仕組みです。

リップルを介した国際送金システムは365日24時間利用、送金が約 3.6秒で処理ができることから多くの企業が期待を寄せています。

ポイント
  • 通貨:XRP
  • 時価総額:約4.5兆円(5位)
  • 価格:8万円(2024年1月現在)
出典:Ripple

【スムーズな取引ができる】ネム

これから伸びる仮想通貨_ネム

出典:Wikipedia

ネムは発行枚数が決まってすでに上限枚数が発行されているので、需要が高まれば価格が伸びやすい仮想通貨です。

データ処理の速度が速く取引がスムーズに行え、送金にかかる手数料も安いことから需要を伸ばしています。

アプリケーションの開発も簡単にできるということでもネムの利用者が増えており、今後の価格上昇に期待です。

ポイント
  • 通貨:NEM
  • 時価総額:(-)
  • 価格:-万円(-)

出典:CoindeskJapan

【決済手段を強化したBTCの派生】ビットコインキャッシュ

これから伸びる仮想通貨_ビットコインキャッシュ

出典:Bitflyer

ビットコインキャッシュはビットコインから派生した仮想通貨で、決済処理が速く手数料が安いなど決済手段を強化して開発されました。

日本国内でもPayPalや楽天などのオンライン決済で利用することができ、生活にも身近な仮想通貨です。

今後も多くの企業が決済手段として取り入れ、需要が高まれば価格が伸びると予想できます。

ポイント
  • 通貨:BCH
  • 時価総額:約7,161億円(17位)
  • 価格:3万円(2024年1月現在)

出典:Bitcoin Cash.org

【JavaScriptで開発可能】アイオーエスティ

これから伸びる仮想通貨_iost

出典:PRTimes

アイオーエスティはプログラミングで頻繁に使用される言語のJavaScriptでスマートコントラクトの開発ができ、人気が高い仮想通貨です。

2020年以降伸びているNFT市場にも関連しており、注目されています。

アイオーエスティは医療分野で活用されるなど、他の仮想通貨になかった活用方法も特徴です。

ポイント
  • 通貨:IOST
  • 時価総額:約243億円(70位)
  • 価格:1.3万円(2024年1月現在)

出典:新しい経済

【仮想通貨の銀】ライトコイン

これから伸びる仮想通貨_ライトコイン

ライトコインはビットコインをベースに開発された仮想通貨で、決済手段として使いやすいように設計されています。

発行枚数に上限がありますが、ビットコインの4倍相当の8,400万枚と多いです。

ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれるのに対し、ライトコインはデジタルシルバーと呼ばれ実物の金と銀のように長期的な保有が推奨されます。

ポイント
  • 通貨:LTC
  • 時価総額:約7,478億円(16位)
  • 価格:1万円(2024年1月現在)

出典:LiteCoin.org

【法人向け決済手段で活躍】シンボル

これから伸びる仮想通貨_シンボル

出典:GMOコイン

シンボルは2021年 3月にネムから派生した仮想通貨で、セキュリティ面の強化などの改善がされました。

企業間送金などに適していることから法人が利用するメリットが多く、法人向け決済手段として注目されています。

NFTをシンボルで購入可能なことから、今後のメタバース市場の拡大で需要が高まる可能性が高いです。

ポイント
  • 通貨:XYM
  • 時価総額:約245億円(69位)
  • 価格:4.2円(2024年1月現在)

出典:Bit bank

【NFTプラットフォームで利用】エンジンコイン

これから伸びる仮想通貨_エンジンコイン

出典:GMOコイン

エンジンコインはEnjin PlatformというNFTプラットフォームで使用される仮想通貨で、イーサリアムをベースに開発されました。

NFT市場の拡大でエンジンコインの価格が急騰するなど、値動きが大きい仮想通貨です。

今後もNFT市場の動向次第で需要が左右されると予想され、Enjin Platformのユーザーが増えるほど価格が伸びます。

ポイント
  • 通貨:EHJ
  • 時価総額:約-億円(-)
  • 価格:-円(-)

出典:Enijn.io

【個人間送金で活躍】ステラルーメン

これから伸びる仮想通貨_ステラルーメン

ステラルーメンは個人間送金プラットフォームのステラ(Stellar)で使用される仮想通貨で、決済速度が速く国際送金が簡単に行えます。

今後はオンライン決済会社との提携も予定されており、価格が高騰する可能性が高いです。

2018年にStripeというアメリカのオンライン決済会社との提携が示唆された際、価格が6倍になりました。

ポイント
  • 通貨:XLM
  • 時価総額:約4,882億円(21位)
  • 価格:17.4円(2024年1月現在)

出典:Stellar.org

これから上場予定の仮想通貨一覧

これから上場予定_仮想通貨_一覧
これから取引所に上場する仮想通貨も価格が伸びる可能性が高いです。

仮想通貨は取引所に上場することで取引が活発になり、市場価格や時価総額が上がります。

国内取引所では、海外取引所で扱っている仮想通貨が上場していない場合が多いです。

今後上場予定の仮想通貨を紹介しますので、参考にしてください。

【歩いて貯まる世界中で人気のコイン】SWEAT

SWETはスマートフォンアプリに連動した仮想通貨で、歩いた歩数に合わせてSWEATを獲得できる仕組みです。

国内取引所にはまだ上場していませんが、海外取引所のFTXに上場しており30カ国以上で利用されています。

獲得したSWEATは換金以外にも慈善団体への寄付や、Apple Watchなどの商品と交換が可能です。

日本人利用者も多いので今後日本での上場も期待できます。

ポイント
  • 通貨:SWEAT
  • 時価総額:約110億円(-)
  • 価格:1.4円(2024年1月現在)

出典:sweatcoin

【ステーキングの課題を解決】Lido

Lidoはイーサリアムのステーキングで生じる課題の対策で誕生した仮想通貨です。

イーサリアムはステーキング中は仮想通貨を動かせない、ロックステーキング期間があります。

Lidoはリキットステーキングサービスを利用でき、ロックステーキング期間でも仮想通貨を動かすことが可能です。

イーサリアムに関連しているので、今後の需要拡大が期待できます。

ポイント
  • 通貨:LIDO
  • 時価総額:約299億円(-位)
  • 価格:3.36円(2024年1月現在)

出典:CoinPost

【法定通貨に対応】GBEX

GBEXはGlobianceというヨーロッパを本拠地とする取引所が発行している仮想通貨です。

GBEXは自動で資産価値が上がったり、毎日報酬がもらえるなど保有しているだけでメリットがあります。

発行しているGlobianceは拠点を世界各地に展開しており、ユーロなどの法定通貨にも対応済みです。

今後は米ドル、日本円など各国の通貨にも対応する予定なのでGBEXの需要拡大が予想できます。

ポイント
  • 通貨:GBEX
  • 時価総額:ー
  • 価格:0.00005円(2024年1月現在)

出典:Globiance

【開発途中の新機能満載】STRAKS

STRAKSは、ビットコインのマイニングで生じた課題を解決する最新技術が搭載された仮想通貨です。

STRAKSの機能はまだ全て実装されていないため現時点では価格が低いですが、完了すれば急騰が予想されます。

開発が進み予定している機能が使えるようになれば、世界中から注目される可能性が高いです。

ポイント
  • 通貨:STAK
  • 時価総額:ー
  • 価格:0.00629円(2024年1月現在)

出典:BINANCE

【企業と提携した実用性】VeChain

VeChainはビジネス用プラットフォームで利用される仮装通貨です。

複数の国際的な企業と提携して世界各国で利用されおり、開発が進められています。

実用性が高く商品IDの認証情報の作成や管理を、ブロックチェーンを利用して行うことが可能です。

今後も様々な技術と関連して需要が拡大することが期待されます。

ポイント
  • 通貨:VET
  • 時価総額:約3,204億円(26位)
  • 価格:4.4円(2024年1月現在)

出典:CoinMarketcap

これから伸びる仮想通貨の特徴

これから伸びる仮想通貨_特徴

今後価格上昇が期待できる仮想通貨を購入したい方に向け、ここではこれから伸びる仮想通貨の特徴を紹介します。

特徴を知っておけば仮想通貨を選ぶ際に基準ができるので、判断がしやすいです。

これから伸びる仮想通貨の特徴
  • 時価総額が伸びている
  • ホワイトリストに載っている
  • ボラティリティーが大きい
  • 流動性が高い

紹介する特徴をご覧になり、どの仮想通貨を取引するかの参考にしてください。

これから伸びる仮想通貨の特徴:時価総額が伸長

仮想通貨は現在、1万5,000種類以上あると言われており、全ての通貨を把握することは困難です。

仮想通貨が世間でどれほど評価されているか調べるには、時価総額を確認しましょう。

時価総額が伸びている仮想通貨は今後、価格も伸びる可能性が高いです。

時価総額は仮想通貨の市場価格と発行枚数を掛け合わせて算出されますので、数値が高いほど需要があり信用性があると言えます。

逆に発行枚数が少なく市場価値が低い仮想通貨はリスクが大きく、将来性がないので取引の際は注意してください。

これから伸びる仮想通貨の特徴:ホワイトリストに記載

ホワイトリストに載っている仮想通貨は信頼性が高く、今後価格が伸びる可能性が高いです。

ホワイトリストとは金融庁の登録を受け国内取引所で取引ができる仮想通貨のリストで、厳しい審査を通過したコインのみが載っています。

金融庁がコインの安全性を確認しているため信頼があり需要が高いので、ホワイトリストを参考に検討をしましょう。

ホワイトリストの審査ポイント
  • 仮想通貨のシステムや利用法、流通している状況
  • 犯罪やテロ資金、マネーロンダリングなど不正利用されないか
  • 仮想通貨を利用した際のリスク

これから伸びる仮想通貨の特徴:ボラティリティーが大きい

ボラティリティーが大きい仮想通貨は、価格が急騰する可能性があり期待が持てます。

ボラティリティーとは仮想通貨の価格変動率のことで、大きいほど価格の変動が激しく一気に価格が伸びることも多いです。

ただしボラティリティーが大きいと価格の上昇ではなく、下落のリスクもあるので注意してください。

出典:bitFlyer

これから伸びる仮想通貨の特徴:流動性が高い

流動性が高い仮想通貨は取引を行なっているユーザーが多く、価格が伸びる可能性があります。

流動性が高いということは市場での取引量が多いということで、安定した売買を行うことが可能です。

特に取引所での取引は流動性が低いと、売買の価格が希望通りにならないケースがあります。

販売所の取引は買い手が業者なので流動性に影響されませんが、その分手数料が割高です。

これから伸びる仮想通貨、アルトコイン・草コインとは?

アルトコインや草コインと呼ばれる仮想通貨は、これから伸びる可能性があります。

ここではアルトコインと草コインの特徴について説明しますので、参考にしてください。

アルトコインとは

アルトコインは正式名称がAlternative Coin、日本語にすると代替のコインという意味でビットコイン以外の仮想通貨を指します。

市場価格や時価総額はビットコインより下ですが、性能面で優れているなど将来性のあるコインが多いことが特徴です。

イーサリアムやリップルなどがアルトコインの代表格で、ビットコイン同様に価格が上がっています。

まだビットコインを超えるアルトコインはありませんが、これから伸びる可能性は高いです。

草コインとは

草コインはアルトコインの中でも、市場価格や認知度が低い仮想通貨を指します。

草コインのメリットは市場価格が低いので少ない資金でも投資でき、価格が上がった時のリターンが大きいことです。

しかし草コインは流動性の低下や実在しないなどの詐欺案件のリスクもあるので、購入する際は正しい情報か注意してください。

注意
  • 草コインは詐欺案件の可能性もある
  • 価格が急落して戻らない可能性もある

これから伸びる仮想通貨の売買におすすめな仮想通貨取引所

これから伸びる仮想通貨_おすすめ_仮想通貨取引所

ここでは、初心者の方でも使いやすい仮想通貨取引所を紹介していきます。

これから伸びる仮想通貨を売買するためにも予め口座開設を済ませておくのがおすすめです。

リップルの購入におすすめの取引所

Coincheck

出典:Coincheck

Coincheckは金融庁登録済のコインチェック株式会社が経営している暗号資産取引所です。

Coincheckの最大の魅力は取引画面が見やすく、操作性に優れている点です。

そのため、暗号資産取引が初めての人でも直感的な操作で仮想通貨の売買ができます。

また、取引所での手数料が無料となっているため何度取引をしてもコストをかけずに取引を行うことができます。

他にも、2段階認証やコールドウォレットなどの厳重なセキュリティ体制を整えているため、自分が購入した暗号資産が安全に守られる仕組みとなっています。

取引手数料 無料
セキュリティ コールドウォレット・分別管理・2段階認証・SSL暗号化通信
取引形態 販売所・取引所
取扱い通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT,SAND,DOT
CoinCheckはアプリDL数No.1で
当サイトでも一番人気の仮想通貨取引所!

CoinCheck-比較ポイント
CoinCheckは、使いやすいアプリが大人気!
特にこれから仮想通貨取引を始める方におすすめです!

コインチェック

\取引所の取引手数料無料!/

コインチェック

DMM Bitcoin

これから伸びる仮想通貨_DMMビットコイン

出典:DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMMグループで培われた高い技術力で安心して仮想通貨の取引ができる取引所です。

DMM Bitcoinの最大のメリットはビットコインを含めた38種類以上の暗号資産取引が可能な点です。

レバレッジ取引の取扱い種類は国内No.1で、レバレッジ取引をしたい人にはおすすめの取引所です。

また、取引をする時のツールやアプリは抜群の操作性で初心者からデイトレーダーまで好評です。

アプリ版のツールでもPC版取引システムに匹敵する機能を搭載しながら、「ワンタップ」発注も可能です。

さらに、土日祝も含めた365日お問い合わせフォーム及びLINEにて問い合わせを受け付けているため、不安点や疑問点、トラブルが起きた時でも安心して利用することができます。

取引手数料 無料※BitMatch取引手数料を除く
セキュリティ 2段階認証・オフラインウォレット・マルチシグネチャ・SSL暗号化通信
取引形態 販売所・レバレッジ
取扱い通貨 BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, XLM, ETC, OMG, ENJ, BAT, MONA, TRX, ZPG, CHZ, AVAX, LINK, MKR, NEM, QTUM, XTZ, XYM, ADA, DOT, IOST, MATIC,FLR,NIDT,ALGO,SAND,AXS,DOGE,SOL,ATOM,APE,FCR,HBAR,OAS,SHIB

\新規口座開設で即時1,000円プレゼント!/

DMMBitcoin

※〜2024年3月1日(日)午前6時59分まで

bitFlyer

bitflyer

出典:bitFlyer

bitFlyerはビットコイン取引量6年連続No.1で、国内最大級の仮想通貨取引所です。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインの取引量が多いということは、それだけボラティリティが大きいということです。

ボラティリティが大きいほど自分の希望する取引をしやすいため、ビットコインの売買には最もおすすめの取引所です。

また、bitFlyerは売所の売買手数料やビットコイン FX の取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料等が無料なため、無駄なコストをかけずに売買を繰り返すこともできます。

さらに、SSL暗号化通信・SHA-2(SHA-256)の採用・FW(ファイア・ウォール)などのセキュリティ体制で業界最長の7年連続ハッキング件数0件を記録しており、仮想通貨が初めてでも安心して利用できます。

他にも、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの18種類の銘柄を1円単位で売買できるため、これからビットコインに投資を検討している人や少額で取引したい人にもおすすめです。

取引手数料 無料
セキュリティ SSL暗号化通信・SHA-2(SHA-256)の採用・FW(ファイア・ウォール)・パスワードの強度チェック・アカウントロック機能・2段階認証など
取引形態 販売所・取引所・レバレッジ
取扱い通貨 BTC,ETH, ETC,LTC,BCH,MONA,LSK, XRP, BAT,XLM, XEM,XTZ,DOT,LINK,XYM, MATIC, MKR, ZPG, FLR,SHIB,PLT

\ビットコイン取引量No.1! /

bitFlyer

BITPOINT

BITPOINTは2021年暗号資産取り扱い数No.1の仮想通貨取引所です。

各種手数料が無料で、扱いやすい取引ツールもあり、初心者の方にもおすすめできる仮想通貨取引所です。

取り扱っている仮想通貨の種類も非常に多く、2021年度に取扱数国内No.1を獲得しています。

最低取引額も安く500円から始められて口座開設も約10分ほどで完了するので、リップルの取引を始めたい方にもうってつけの仮想通貨取引所です。

取引手数料 無料
セキュリティ SSL暗号化通信。SHA-2(SHA-256)の採用・FW(ファイア・ウォール)・パスワードの強度チェック・アカウントロック機能・2段階認証など
取引形態 販売所・取引所・ステーキング
取扱い通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)ディープコイン(DEP)クレイ(KALY)ジャスミー(JMY)エイダ(ADA)トロン(TRX)IOST(IOST)チェーンリンク(LNK)ベーシックアテンショントークン(BAT)ライトコイン(LTC)

\お得なキャンペーン実施中/

BITPOINT

GMOコイン

GMOcoin

出典:GMOコイン

GMOコインは信頼と実績のGMOグループでわれた金融サービスのノウハウを活かし、安心して仮想通貨の売買ができる取引所です。

オリコン顧客満足度では2年連続No.1を獲得しており、多くの利用者から定評を得ています。

また、GMOコインはビットコインやイーサリアム、リップルなど、国内取引所最大級となる22銘柄の取り扱いがあり、投資先の選択肢が広いです。

そのため、ビットコイン以外のアルトコインの売買にも興味がある人にもおすすめです。

さらに、取引スタイルは取引所、販売所、暗号資産FXをはじめ様々なサービスの中から自由に選ぶことができ、自分のライフスタイルや取引スタイルに合った方法で利益を狙えます。

取引手数料 無料
セキュリティ コールドウォレット・2段階認証・マルチシグネチャ・SSL暗号化通信
取引形態 販売所・取引所・レバレッジ
取扱い通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)ネム(NEM)ステラルーメン(XLM)ベーシックアテンショントークン(BAT)オーエムジー(OMG)テゾス(XTZ)クアンタム(QTUM)エンジンコイン(ENJ)ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)シンボル(XYM)モナコイン(MONA)カルダノ(ADA)メイカー(MKR)ダイ(DAI)チェーンリンク(LINK)FCRコイン(FCR)ドージコイン(DOGE)

LINE BITMAX

LINEBitmax

出典:LINE BITMAX

LINE BITMAXは普段使用しているLINEアプリで簡単に口座開設や取引ができる仮想通貨取引所です。

グローバルでも実績のある販売所で、100%コールドウォレットで管理しているためセキュリティ面にも問題ありません。

また、1円から気軽に取引をスタートできることから、初心者にも優しく仮想通貨売買のハードルが低いとも言えるでしょう。

さらに、取引のタイミングや下落、上昇するタイミングにはLINEトークでお知らせしてくれるため、取引のタイミングを逃さずに利益が狙える点も魅力です。

取扱い通貨は少ないですが、気軽に仮想通貨取引を始めたい人にはおすすめです。

取引手数料 無料
セキュリティ コールドウォレット
取引形態 販売所
取扱い通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)リンク(LINK)

これから伸びる?仮想通貨の将来性

これから伸びる仮想通貨_将来性
仮想通貨に投資をする際に市場全体がどうなるのかなど、将来性が気になる方も多いです。

ビットコインの誕生が2008年と株や法定通貨と比べると歴史が浅いですが、新しい投資先として世界中で認知されてきました。

仮想通貨は技術の革新で様々なサービスとの関連が増えてきており、需要が増えています。

市場も拡大しているため、仮想通貨の将来性は以下のことから明るいでしょう。

仮想通貨の将来性
  • ビットコインETFがアメリカで承認
  • ビットコインが法定通貨として採用
  • 様々なサービスの決済手段として採用

各項目についてそれぞれ解説しますので、仮想通貨の将来性について参考にしてください。

仮想通貨の将来性:ビットコインETFが米で承認

2021年10月、世界初のビットコインETFがアメリカで上場しました。

ビットコインETFはビットコインの価格変動に合わせて運用する投資信託で、取引所の口座開設をしなくてもビットコインに投資できます。

ビットコインETFが承認されたことで流動性が高まり、さらに価格が上がることに期待です。

アメリカの他にもカナダとバミューダが承認しており、今後は日本などでも承認される可能性が高いです。

仮想通貨の懸念点としてウォレットの管理やデータ流出などがありましたが、ビットコインETFではリスクを抑えるこことができます。

よりビットコインへの投資が手軽になったことで、市場の拡大に期待できるのではないでしょうか。

出典:J-CASTニュース

仮想通貨の将来性:ビットコインが法定通貨として採用

2021年9月、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用しました。

仮想通貨が法定通貨に採用されたのは世界初で、新しい仮想通貨の可能性を示しています。
ビットコインを法定通貨として採用した背景には、エルサルバドルの内情がありました。

エルサルバドルは国民の70%が銀行口座を持っておらず、金融サービスを利用できない状況です。

ビットコインは銀行口座を介さなくても取引できるため、エルサルバドル全ての国民が金融サービスを利用できることができます。

社会の問題解決や発展の方法として仮想通貨を利用することが増えれば、今後も市場は拡大していくでしょう。

出典:コインテレグラフジャパン

仮想通貨の将来性:決済手段として採用

仮想通貨は投資対象としてだけではなく、様々なサービスの決済初段として採用されています。

今後も世界中の企業が決済サービスで仮想通貨を利用することが予想され、既存の法定通貨のように扱われる可能性が高いです。

日本でもビットコイン決済の対応店が増えてきており、仮想通貨での支払いが普及しています。

仮想通貨は価格変動が大きいなど決済サービスで利用する通貨として課題はありますが、これからの発展に期待です。

出典:bitFlyer

これから伸びる仮想通貨の口コミ

これから伸びる仮想通貨_口コミ

ここからは、これから伸びるとされている仮想通貨に対する口コミを良いくものと悪いものに分けてご紹介します。

これから伸びる仮想通貨に対する良い口コミ

口コミ

ビットコインやイーサリアムなどの主流な仮想通貨は、これから決済で利用できる実店舗が増えて価値が上がりそう。

口コミ

認知度の低い草コインは価格が抑えられているので、今後の価格上昇で大きなリターンが狙える。

口コミ

日本でも仮想通貨決済が普及して仮想通貨全体の価値が上がっている。

これから伸びる仮想通貨に対する悪い口コミ

口コミ

投資した草コインの価格が10分の1になってしまった。

口コミ

国内取引所で扱っている草コインが少なく、海外の取引所を利用するのが手間。

口コミ

マイナーな仮想通貨はセキュリティや価格の下落リスクなど、信用面で不安がある。

これから伸びる仮想通貨に関する最新ニュース【2024年2月更新】

日本の金融大手SBIグループのSBI VC TradeはXRP(Ripple)の価格が0.62ドルに上昇すると予測しています。(2024年2月現在の価格は約0.57ドルです。)

この予測は、Rippleと米国証券取引委員会(SEC)との法的闘争に関する最近の進展に基づいています。

SBI VC Tradeは、XRPが個人投資家によって今後広く受け入れられ、価格が安定する可能性が高いとも指摘しています。

しかしSBI VC Tradeは、最近の市場のボラティリティと中東問題や米国インフレの鈍化を考慮すると、「XRPはリスク資産である」と強調しました。

仮想通貨市場は不確実性が大きい市場であるため、十分なリサーチと自己判断による投資が必要です。

(参照:crypto news)

これから伸びる仮想通貨についてのQ&A

これから伸びる仮想通貨_Q&A

ここでは、本記事では紹介しきれなかった将来性のある仮想通貨に対する読者の疑問を一問一答形式でお答えしていきます。

仮想通貨に対する不安を少しでも減らせるように参考にしてみて下さい。

ビットコインとイーサリアム、買うなならどっちが良いですか?

安定性を求めるならビットコイン、大きなリターンを狙うならイーサリアムがおすすめです。

ビットコインは価格の上下はありますが、法定通貨の米ドルのように仮想通貨の基軸と言えます。

ビットコインは時価総額と市場価格が全仮想通貨で1位と人気のコインなので、安定した取引を行うことが可能です。

イーサリアムはメジャーな仮想通貨ですが、市場価格がビットコインの10分の1以下と価格の伸び代があります。

NFTやメタバースにも利用されているので、今後の市場拡大で価格の急騰に期待です。

ビットコインの次に来る投資はなんですか?

アルトコインと草コインも、ビットコインのように価格が急騰する可能性が高いです。

ビットコインに比べ市場価格が安いですが、今後はテクノロジーの発達で仮想通貨全体の価格上昇が期待できます。

ビットコインより価格が安いアルトコインと草コインであれば、同じ資金でもより多く保有することが可能です。

そのため仮想通貨通貨全体の価格が上昇した時、リターンは大きくなるというメリットがあります。

国内の取引所で草コインは買えますか?

草コインを取り扱っている国内取引所は少なく、海外取引所の利用をおすすめします。

海外取引所で草コインを買うには国内取引所から仮想通貨を送金が必要です。

Binance、Bybitなどは日本人ユーザーも多くカスタマーサポートも充実しています。

仮想通貨の取引で気をつけることは何ですか?

仮想通貨の取引で気をつけることはコインの信用性です。

セキュリティの対策はされているか、仮想通貨が発行された目的に透明性があるかなどを考えましょう。

ホワイトリストに載っているか、時価総額や流動性はどうかなどを確認して信用できるコインか判断してください。

仮想通貨の銘柄を選ぶポイントは何ですか?

仮想通貨の銘柄を選ぶポイントは「時価総額」「ホワイトリスト」「ボラティリティ」「流動性」です。

この4つのポイントを押さえておくことで、将来性を期待できる銘柄を発掘することができます。

これから伸びる仮想通貨のまとめ

これから伸びる仮想通貨_まとめ
仮想通貨は、今後も需要の拡大で価格が伸びていくことが予想できます。

時価総額や市場価格が高い、様々なサービスに利用されているなど将来性がある仮想通貨は価格が上昇する可能性が高いです。

市場価格が高いビットコインよりも、アルトコインと草コインの方が大きなリターンを得れる場合があります。

今後も仮想通貨市場は伸び続けることが予想できますので、本記事を参考に仮想通貨投資を検討してはいかがでしょうか。

CoinCheckはアプリDL数No.1で
当サイトでも一番人気の仮想通貨取引所!

CoinCheck-比較ポイント
CoinCheckは、使いやすいアプリが大人気!
特にこれから仮想通貨取引を始める方におすすめです!

コインチェック

\取引所の取引手数料無料!/

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー-恩田雅之さん
ファイナンシャルプランナー(CFP)・証券外務員2種 恩田雅之さん
1959年東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコンやIT関連の企業にて営業職に携わる。その間に資産運用に興味を持ち日本FP協会 のAFP資格を取得。2004年3月に同協会のCFP®資格を取得し同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。初心者向け資産運用に関するセミナーと投資信託など資産運用を中心とした記事の執筆及びクレジットカード、カードローン、暗号資産、住宅ローンなどの記事監修を中心に活動中しています。セミナーと執筆では初心者の方にもわかりやすいよう平易な言葉を選んだ説明に心がけています。
■URL http://onda-fp-jimusho.com/
■所属団体 日本FP協会
■保有資格 CFP® 証券外務員2種 

政府からの暗号資産(仮想通貨)取引に関する注意喚起

消費者庁提供:「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産(仮想通貨)取引に関して特に注意すべきこと

{
“@context”: “https://schema.org”,
“@type”: “FAQPage”,
“mainEntity”: [{
“@type”: “Question”,
“name”: “ビットコインとイーサリアム、買うなならどっちが良いですか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “安定性を求めるならビットコイン、大きなリターンを狙うならイーサリアムがおすすめです。
ビットコインは価格の上下はありますが、法定通貨の米ドルのように仮想通貨の基軸と言えます。
ビットコインは時価総額と市場価格が全仮想通貨で1位と人気のコインなので、安定した取引を行うことが可能です。
イーサリアムはメジャーな仮想通貨ですが、市場価格がビットコインの10分の1以下と価格の伸び代があります。
NFTやメタバースにも利用されているので、今後の市場拡大で価格の急騰に期待です。”
}
},{
“@type”: “Question”,
“name”: “ビットコインの次に来る投資はなんですか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “アルトコインと草コインも、ビットコインのように価格が急騰する可能性が高いです。
ビットコインに比べ市場価格が安いですが、今後はテクノロジーの発達で仮想通貨全体の価格上昇が期待できます。
ビットコインより価格が安いアルトコインと草コインであれば、同じ資金でもより多く保有することが可能です。
そのため仮想通貨通貨全体の価格が上昇した時、リターンは大きくなるというメリットがあります。”
}
},{
“@type”: “Question”,
“name”: “仮想通貨の取引で気をつけることは何ですか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “仮想通貨の取引で気をつけることはコインの信用性です。
セキュリティの対策はされているか、仮想通貨が発行された目的に透明性があるかなどを考えましょう。
ホワイトリストに載っているか、時価総額や流動性はどうかなどを確認して信用できるコインか判断してください。”
}
},{
“@type”: “Question”,
“name”: “仮想通貨の銘柄を選ぶポイントは何ですか?”,
“acceptedAnswer”: {
“@type”: “Answer”,
“text”: “仮想通貨の銘柄を選ぶポイントは「時価総額」「ホワイトリスト」「ボラティリティ」「流動性」です。
この4つのポイントを押さえておくことで、将来性を期待できる銘柄を発掘することができます。”
}
}] }