このサイトの表記には、プロモーション広告が含まれています。(この表記は令和5年3月28日内閣府告示第19号を受け、消費者庁長官から発出された運用基準に基づき表示されるものです。)

傷害保険のおすすめをランキングで価格や特徴を徹底比較!選び方についても

読者

傷害保険ってどれがいいの?

読者

傷害保険のおすすめが知りたい!

といった疑問を抱く方も多いでしょう。

想定外の怪我などを補償してくれる傷害保険は、様々な会社が提供しています。

数も多いので、何を選べば良いのか難しいところです。

そこで、今回は、傷害保険のおすすめや選び方などを詳しく解説していきます。

傷害保険のおすすめをまとめると
  • 傷害保険と生命保険は違う
  • 傷害保険とは、怪我や事故に対する保険
  • 傷害保険は補償内容や保険料で選ぶ
  • おすすめの傷害保険10選を知ることで、ライフスタイルに合うものを見つけることができる

傷害保険とは?

傷害保険とは、損害保険会社が扱う怪我や事故に関する保険のことです。

日常生活における、怪我や事故など「人」や「モノ」に対する傷害を保険会社が補償してくれます。

傷害保険と生命保険の違い

保険は以下の3つに分けられます。

  • 損害保険
  • 生命保険
  • 癌や介護などその他の保険

損害保険会社が扱う傷害保険は保険金の支払額が、損害額と同じである「実損払い方式」です。

一方で、生命保険は一定額の給付金や保険金が支払われる「定額払い方式」となります。

傷害保険と生命保険の大きな違いは、補償範囲です。

あくまで傷害保険は「傷害」に対しての補償となるので、病気などは補償できません。

傷害保険の対象となる怪我の内容

傷害保険は全てが対象になるわけではありません。

万が一の事故などの「怪我」を対象としているのが、傷害保険です。

そして、以下の「3要件」を満たしていることで支払い対象の判断をしています。

  • 急激・・・突発的に発生した事故などによる怪我で、事故から怪我までの時間の間隔が短い
  • 偶然・・・予知することができない事故
  • 外来・・・原因が身体の外からの作用によるもの

例えば、熱中症や靴ずれなどと予め予測できて対策できるようなものは対象にならない保険会社もあります。

傷害保険で対象となる範囲は

傷害保険は、海外で発生した事故なども補償対象となる場合が大半です。

  • 海外旅行中の怪我
  • 国内旅行中の怪我
  • 仕事中の怪我
  • スポーツ中の怪我
  • 交通事故による怪我
  • 自宅内などでの怪我

上記のような怪我が対象となりますが、自殺行為など故意による事故は該当しません。

他にも、災害による怪我や無免許運転及び飲酒運転、病気による転倒の怪我などによる怪我も対象外である場合が多いです。

傷害保険の補償の種類

傷害保険で補償してくれるのは、治療費だけなの?

怪我に対しての傷害を補償してくれる傷害保険ですが、主にどのようなことに補償してくれるのでしょうか。

治療するには、様々な費用が発生するため少しでも補償してくれると嬉しいものです。

傷害保険には、大きく分けて4つの補償をしてくれます。

通院補償

対象となる怪我の治療などによって、通院をする際に補償してくれるものです。

事故発生日から補償対象の日数は、保険会社によって異なります。

ある程度の日数を限度として、1日につき通院保険金日額を受け取ることができるものです。

また、入院保険金を支払うべき期間の通院は対象外である場合が大半となります。

大きな怪我をした際には、数ヶ月に渡って通院が必要になるので安心です。

入院保障

対象となる怪我によって入院が必要になった際に、ある程度の日数を限度として、1日につき入院保険金日額を受け取ることができます。

限度日数は、通院と同様に保険会社によって異なるものです。

入院などは特に働くこともできないので、金銭的負担は大きくなります。

入院保障は、ある程度の日数を補償してくれるので少しでも金銭的負担は軽減してくれるのではないでしょうか。

手術補償

対象の怪我によって手術が必要になる際にも、補償対象となります。

保険会社によって様々ですが、1つの事故に対して1回のみの給付のみとなる場合が大半です。

手術の種類によっては、対象外である場合もあるので注意しなければなりません。

死亡・後遺症補償

対象の事故による怪我によって、ある程度の日数以内に後遺障がい又は亡くなった際も補償対象です。

しかし、亡くなる前に後遺障害保険金を受け取っている場合は死亡補償に対しては差し引いた金額になる場合もあります。

ご家族が加入していることで、他のご家族の負担も軽減されるものです。

損害保険の主な種類

損害保険にはどのくらいの種類があるの?

傷害保険には、主に怪我に対しての補償ですが、特約やプランによっては「火災」などをプラスすることもできます。

損害保険の中の「傷害保険」ではありますが、傷害以外にも不安のある方は、「モノ」に対する補償も付けても良いかもしれません。

ここでは、「損害保険」の種類について紹介していきます。

車両に関する損害保険

車を運転している際の、事故が代表的な損害保険です。

「交通事故損害保険」などもあり、交通事故による怪我の補償に特化した保険となります。

乗り物を運転する際は、自分だけではなく歩行者など相手に怪我を負わしてしまう心配もあるのではないでしょうか。

自動車保険には、加入が義務付けられている「自賠責保険」と加入が自由の「任意保険」の2種類があります。

基本的には、自賠責保険でカバーすることができない交通事故による損害を補償してくれるものです。

例えば、同乗者の怪我や事故の相手のモノを壊した場合が対象になることもあります。

住まいに関する損害保険

戸建てやマンションなどの、補償の対象となっている建物や家財などを対象としている保険です。

火災保険」や「地震保険」などがありますが、保険会社が用意しているプランによって補償範囲は異なります。

火災保険では、火事によって住宅や家財が破損してしまった場合に再建するための費用を補償してくれるものです。

賃貸住宅では、他人への賠償も補償される火災保険に入らなければならないこともあります。

特に、持ち家がある方にとったら重要性の高い保険ですね。

体に関する損害保険

体に関する損害保険が「傷害保険」です。

特に「普通傷害保険」は、様々なシーンでの怪我を補償してくれます。

しかし、災害などは対象外である場合が多いので注意しなければなりません。

家族損害保険」では、加入者だけではなく配偶者や同居の家族などが補償の対象になります。

お子さんは特に怪我が多いので、万が一に備えたほうが良いでしょう。

家族全員をカバーしてくれる保険でもありますが、補償額は低めに設定されていることもあります。

その他の損害保険

家、体、車などにも様々な損害保険があります。

その他の損害保険
  • スポーツ保険・・・スポーツの最中や移動中の損害を補償してくれる
  • 積立損害保険・・・満期時に満期返戻金を受け取ることができる
  • 旅行保険・・・旅行の最中の怪我を補償してくれる
  • ペット保険・・・ペットの怪我や病気の補償
  • 弁護士保険・・・将来法的トラブルがあった際の弁護士への相談料などを補償してくれる

保険には意外と、多くの種類のものがあるものです。

ご自分が一番不安に思っている人やモノの、損害保険を選んでみると良いのではないでしょうか。

傷害保険の選び方とは?

保険会社は数多くあるので、選び方も難しいところです。

実際に何を基準にして選ぶのか分からない方は、ぜひ参考にしてください。

誰のための保険なのか

傷害保険は、加入者だけではなく家族全員を対象とすることもできます。

しかし、対象人数が増えることで比例して保険料も高くなってしまうものです。

傷害保険を考える際には、「誰のために必要な保険であるのか」を考える必要があります。

普段自転車や車に乗る機会が多い方は、そうではない方に比べて事故などのリスクも高くなるでしょう。

普段の生活を振り返って、家族全員の対象が必要であるのか、誰のための保険なのかを考える必要があります。

保険料

保険会社によって保険料は大きく異なってきます。

勿論、一番安いものを選ぶと補償内容も手薄くなるものです。

保険をかけるにも、お金が必要なので無理のない程度の補償を選ばなければなりません。

近年では、ネットで契約が完結する保険会社も多くなってきました。

ある程度補償内容などを決めたら、複数の保険会社に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

補償内容

補償内容の幅が広ければ広いほど、保険料も高くなります。

多くの保険会社では、補償範囲を決めることができるので最も不安を抱えている範囲を選択すると良いです。

備えなければならないリスクを考えた上で、保険料と補修内容のバランスを見ることが大切です。

付帯サービス

傷害保険には、基本の契約でカバーすることができない事故を補う特約があります。

賠償責任特約」では相手に怪我を負わせた場合の賠償金を補償してくれるものです。

近年では、自転車による歩行者への怪我などの補償を気にされる方も多くなりました。

自転車側が加害者になる場合は、大きな怪我や死亡に繋がると数千万円もの賠償金が必要になることもあります。

普段外出される機会が多い方は、少しでも多くの特約をプラスすると安心かもしれません。

注意

保険会社によって上限金額が決まっているので、予め確認しておく

傷害保険のおすすめ人気ランキング10選

傷害保険には様々な保険会社が提供しています。

ここでは、おすすめの損害保険を10つランキング形式で紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

おすすめの傷害保険の特徴を知ることで、自分に合うもの見つけやすくなります。

東京海上日勤【認知症の方向け】

出典:東京海上日勤

東京海上日勤は、認知症の方でも安心の「トータルアシストからだの保険」がおすすめです。

東京海上日勤のおすすめポイント
  • 急激かつ偶然な外来の事故による怪我を24時間補償
  • 怪我以外の行方不明時の捜索費用を補償
  • 配偶者や家族でも契約可能
  • 見舞費用の補償

急激な怪我の補償だけではなく、万が一行方不明になった際に24時間経過しても見つからない場合は、捜索した費用をある程度の限度額まで受け取ることができます。

1つの事故に関しては限度額が30万円(保険期間を通じて100万円を限度)とあるので、行方不明時の心配がある方には安心のプランです。

付帯サービス
  • 緊急連絡ステッカー・・・認知症の方の持ち物にあらかじめ貼り付けるもの
  • 捜索協力支援アプリ・・・行方不明時にアプリを保有している方に情報を一斉送信してくれる
  • 事故アシスト・・・ホームページで災害や事故の情報を提供
  • メディカルアシスト・・・各種医療に関する相談
  • 介護アシスト・・・生活支援や介護に関する相談や各種サービスの案内
  • デイリーサポート・・・保険や税に関する相談や役に立つ情報を提供

口コミ

線路に誤って入った際の事故が不安なので加入した

口コミ

店頭でしか契約できないのが不便だった

医師から認知症の診断を受けた方は、ぜひ検討してみてください。

東京海上日勤の公式サイト

保険の対象 高齢者向け
契約可能年齢 満70歳未満
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 1億円

au損保【日常の事故】

出典:au損保

au損保の日常の事故は、日常生活やスポーツの怪我を補償してくれます。

損保の日常の事故のおすすめポイント
  • スポーツやレジャー中の怪我も補償
  • 法律上の損害賠償責任を負った事故も補償
  • 加害者の際に示談交渉サービス付き
  • ゴールドコースでは連行中の持ち物の破損や盗難も補償

ご自宅の怪我だけではなく、猛暑による熱中症もカバーしてくれます。

ゴルフなどのスポールの最中の怪我も補償してくれるので、運動を日常的に行っている方におすすめです。

口コミ

自分や相手が怪我をした際のために加入した

口コミ

自転車以外の日常の怪我が他の保険に比べて薄いかも?

安い保険料で手厚い補償を受けることができますが、人によっては自分に合わない方もいるようです。

しかし、ご自宅の怪我だけではなくハイキングなどのレジャーもカバーしてくれるので、ぜひ検討してみてください。

au損保の公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 74歳以下
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 1億円

あいおいニッセイ同和損保【特約が充実している傷害保険】

出典:あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保が提供しているタフ・ケガの保険では、日常生活における様々なリスクを補償してくれるものです。

あいおいニッセイ同和損保のタフ・ケガ保険のおすすめポイント
  • 事故から日常生活まで幅広いリスクを補償
  • 被保険者の範囲を選ぶことができる
  • 様々な生活のシーンをサポートするサービス
  • 契約することで環境保護団体に貢献することができる
  • 日帰り入院でも補償を受けることができる

タフ・ケガの保険では、補償対象者を契約者御本人からご家族全員まで選ぶことができます。

「様々な生活のシーンをサポートするサービス」は、医療・健康による相談や日常生活におけるトラブルの相談を、看護師・薬剤師等の専門スタッフ・税理士・弁護士がアドバイスしてくれるサービスです。

口コミ

自分が納得できる保険内容にすることができた

口コミ

所得保険に入って、働けなくなったが補償対象外だった

これまでの保険に比べて、隅々まで納得できる補償内容であると感じている方が多い印象です。

日常生活における不慮の事故から、弁護士費用など幅広い補償内容が充実しています。

あいおいニッセイ同和損保の公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 満69歳以下
補償 入院/手術/通院/死亡

損保ジャパン【一つの保険で様々な損害を補償】

出典:損保ジャパン

損保ジャパンの「カラダの保険」は、一つの保険で様々な「損害」を補償してくれるものです。

損保ジャパンのカラダのおすすめポイント
  • 自分に合う保険を選択することができる
  • 年代別ニーズ等に応じた6つのプラン

事故によって怪我を生じて入院が必要になった際には、日帰りから最大1000日までの補償を受けることができます。

基本の補償に追加で、様々な特約をつけることで補償内容を充実させることも可能です。

6つのプラン
  • 傷害、所得プラン・・・怪我や所得など身近な危険に備えるプラン
  • まも〜るプラン・・・高齢者の日常生活におけるリスクに備えるプラン
  • こどもプラン・・・子どもの怪我や養育資金を補償
  • 役員プラン・・・役員のニーズに特化したプラン
  • ゴルファープラン・・・ゴルフ中や練習中の事故を補償
  • 車いす利用者プラン・・・車いす利用児のリスクに備えたプラン

ニーズや年齢別にプランが用意されているので、より安心に備えることができます。

熱中症特約」を付帯することもできるので、マスク生活によるリスクに備えることもできますね。

口コミ

スタッフの方が丁寧で分かりやすい

口コミ

連絡が遅い

損保ジャパンは、スタッフの対応が素晴らしいようですね。

一つの保険で、多くの補償を付けたい方はぜひ検討してみてください。

損保ジャパンの公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 傷害・所得プラン:満69歳以下
こどもプラン:満23歳未満
役員プラン:満15歳以上満89歳以下
まも~るプラン:満70歳以上満89歳以下補償入院/手術/通院/死亡

三井住友海上火災【ケガに関する補償が充実】

出典:三井住友海上火災

三井住友海上火災は、ケガに関する様々な補償が充実しています。

三井住友海上火災のGK ケガの保険のカラダのおすすめポイント
  • 家庭、仕事、スポーツ、レジャーなど国内外に問わずケガの補償
  • 日常生活賠償、受託物賠償など、豊富なオプション補償
  • 医療や介護、子育てに関する相談可能

基本の補償に、特定感染症・熱中症・食中毒・災害などのプランを加えることでより充実した補償を受けることができます。

また、相談窓口も充実しているので安心して契約することができますね。

口コミ

保険料が安いので、家族で加入した

口コミ

強風の被害に遭ったが補償してくれなかった

三井住友海上は、大手の保険会社なので安心感を得られている方は多い印象です。

ケガに関するリスクを抱えている方は、幅広い補償が充実している三井住友海上をぜひ検討してみてください。

三井住友海上の公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 満69歳未満
補償 入院/手術/通院/死亡/後遺症
個人賠償上限 最大3億円(プランや特約に異なる)

au損保【低コストで交通事故のリスクに備える】

出典:au損保

au損保の「ケガの保険交通事故」は、少ない掛け金で加入することができます。

au損保のケガの保険交通事故のおすすめポイント
  • 月々280円〜の少ない掛け金が可能
  • 契約者本人からご家族全員まで契約できる
  • 「個人賠償責任補償」は全てのコースで保険金額1億円
  • 自転車事故も補償範囲
  • 親身で丁寧な事故対応

au損保は、勿論au以外の方でも加入することができます。

加害事故を起こした際には、示談代行サービスもついているので安心です。

口コミ

格安でプランやサービスが充実している

口コミ

セールスの担当者がしつこかった

au損保の保険は、少しでも格安で加入できるのが魅力の一つです。

ご家族で入ると、お得に入ることができるのでぜひ検討してみてください。

au損保公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 0〜74歳以下
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 1億円

AIG損保【必要な補償を選べる傷害保険】

出典:AIG損保

AIG損保の「けがの保険」は、オーダーメイドで補償を設計することができます。

AIG損保のけがのおすすめポイント
  • ライフスタイルに合わせて自由に保険設定をすることができる
  • 治療費を実費で補償
  • 様々なリスクをカバーする幅広い補償

ご契約者様本人のみから家族型まで、契約範囲を選択することができます。

交通事故の怪我に限定した補償も可能なので、より少ない掛け金が可能です。

口コミ

自分で補償範囲を決めることができるので、無駄がありません。

口コミ

かなか連絡がとれない

自分で補償範囲を決めることができますが、特約が充実しているので一つの保険で幅広い損害に備えることができます。

人だけではなく、レンタル用品賠償責任補償特約などのモノに対しての補償も充実してるので安心です。

編集部

レンタル用品賠償責任補償特約とは、レンタル業者から借りたものに損害を与えた際に法律上で賠償責任を負った場合、保険金を受け取ることができるものです。

AIG損保の公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 70歳以下
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 最大3億円

ぜんち共済【お子さん向けの保険】

出典:ぜんち共済

ぜんち共済の「こども傷害保険」は、特別支援教育を必要なお子さんであれば誰でも加入することができます。

ぜんち共済のこども傷害保険のおすすめポイント
  • 年齢、性別を問わずに保険料は一定
  • 専門弁護士によるバックアップ
  • 1泊2日以上の怪我による入院を補償

個人賠償責任保険では、国内で最大5億円まで受け取ることができます。

さらに、専門弁護士によるバックアップもあるので万が一の際にも安心です。

口コミ

「告知事項も健康診断もなし」で加入出来るので、すぐに加入した

口コミ

資料請求が届くのに6日かかった

ぜんち共済のこども傷害保険は、万が一の被害事故に遭った際でもサポートしてくれるので安心です。

保険料も月額410円なので、ぜひ検討してみてください。

ぜんち共済公式サイト

保険の対象 一般向け
契約可能年齢 5〜満18歳
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 5億円

損保ジャパン【幼稚園・小学校総合保険】

出典:損保ジャパン公式サイト

損保ジャパンが提供する「幼稚園・小学校総合保険」は、通学や課外活動の怪我などをサポートしてくれます。

損保ジャパンの幼稚園・小学校総合保険のおすすめポイント
  • 障がいや疫病まで幅広い補償
  • 示談交渉サービス付きの個人賠償責任補償
  • 国内外問わず、天災や熱中症など幅広い補償
  • 国内限定学校生活安心ダイヤル
  • 万が一のいじめで発生する法的トラブルもサポート

個人賠償責任補償では、同居家族も一緒に補償してくれます。

学生や扶養者の方のライフスタイルに合わせて、プラン・補償・保険期間を選ぶことができます。

編集部

「弁護士のちから」では、SNSやいじめによる被害で発生した法的トラブルのサポートしてくれます。

近年では、SNSによるいじめが多くなっているので安心できますね。

口コミ

分からないことは丁寧に教えてくれる

口コミ

女性スタッフの対応が悪かった

「分かりやすい」「丁寧」などといった口コミがある中で、場合によって不親切な対応をされた方もいるようです。

しかし、お子さんのいるご家庭では万が一に備えられた補償が豊富にあるのでぜひ検討してみてください。

損保ジャパン(幼稚園・小学校総合保険)

保険の対象 子ども向け
契約可能年齢 3〜12歳
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 最大3億円

トライアングル【40歳〜89歳までの傷害保険】

出典:トライアングル公式サイト

トライアングルの「おまもりがわり」では、保険では珍しい89歳までお申し込みが可能です。

トライアングルのおまもりがわりのおすすめポイント
  • 骨折までも補償
  • 健康状態の告知や医師の診断も不要
  • 日常生活の怪我や賠償責任を24時間補償
  • 無事故継続割引

満99歳まで継続が可能の保険で、入院・手術・通院・骨折の補償をしてくれます。

年齢を重ねることで、転倒による骨折は増えてしまうので安心して加入することができる保険です。

口コミ

やっと加入できる保険を見つけることができた。

口コミ

営業の電話をかけてくる

年齢制限の幅も広いので、これまで加入を断られた方もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

トライアングル公式サイト

保険の対象 高齢者向け
契約可能年齢 40〜89歳7
補償 入院/手術/通院/死亡
個人賠償上限 1億円

損害保険おすすめのまとめ

今回は、傷害保険について詳しく解説してきました。

傷害保険とは、損害保険会社が扱う怪我や事故に対する保険のことです。

保険を選ぶ際には、「誰のための保険なのか」「つけたい補償はなにか」を重点にしながら保険料などを調整していくと良いですね。

お子さま向けの保険からシニア向けの保険まで紹介していきましたので、ぜひご自分の合うものを見つけてみてください。

保険選びに迷った際は、「保険の窓口」など保険のプロに相談するのも一つの手です。

保険相談窓口に関してはこちらを御覧ください。