不動産投資の相談はどこにすればいいの?
資産運用を成功に導く選び方を解説

不動産投資コラム
IMAGE PHOTO

不動産投資は、準備段階からさまざまな作業を要する資産運用方法です。相談先には複数の選択肢があり、相談内容によって適切な相手は異なります。現時点ではしっかり理解できていない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、不動産投資における相談相手の選択肢と、相談内容との関係性を詳しく解説します。実際の相談事例と回答もチェックすると、不動産投資に関する知識も深められるでしょう。相談先を選ぶ際のポイントも紹介します。

【関連記事】不動産投資は計画性が大切|不労所得がプラスに転じるまでの流れ

INDEX

不動産投資の主な相談相手6選

不動産投資の主な相談相手イメージ
IMAGE PHOTO

相談先として選択できるのは、不動産投資を行う会社のみではありません。周囲の経験者にアドバイスを求めたり、資格を持つプロや信託銀行に相談したりする方法もあります。それぞれどのような内容の相談に適しているか把握して、状況に応じて選択する準備を整えておきましょう。6種類の相談先と特徴を詳しく解説します。

不動産投資会社

運用のスタートから契約・売却まで、総合的な相談先として選択できるのが「不動産投資会社」です。名前のとおり、不動産投資に関する取引を中心に活動しているため、多くの会社が相談に対して具体的な回答を持っていることが期待できます。以下は相談内容の一例です。

  • 優良物件を探したい
  • 物件を実際に見たい
  • 売買の契約を交わしたい
  • 取引の詳しい進め方を知りたい
  • 運用中の悩みを聞いてほしい

「投資は決めていないが、将来的に始めたい」といった相談でも有益な情報を得やすいといえるでしょう。あくまでも相談内容の解決を重点的に意識できると安心です。例えば信頼性を担保するため複数の会社に同じ質問をしてみるのも良いでしょう。

不動産投資の経験者

不動産投資をしている方が周囲にいる場合は、直接話を聞いて情報を収集するのもおすすめです。投資用物件を提供する側ではなく、実際に経営する側としてのリアルな意見を集められます。

ただし、専門的な知識が不足している可能性も考慮しなければなりません。経済状況や生活状況に大きな差があるケースも多く、「経験者と同じように進めれば成功する」というわけではないためです。あくまでもひとつのケースとして捉えるとよいでしょう。

相談内容として挙げられるのは、経験をベースにした質問・悩みです。「不動産投資会社をどのように選ぶか」「ローン契約に不安はないか」といった場合に該当します。

ファイナンシャルプランナー

金銭的な疑問や悩みを相談する相手として適しているのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」です。不動産投資に限らず、金銭関係の専門知識を豊富に持っています。以下のような相談内容を参考にしてみましょう。

  • 不動産投資が持つ本来の仕組みが理解できない
  • 初期投資のために使う資金が貯められない
  • 不動産投資における税金や相続に関する取り扱いが分からない

注意したいポイントは、「不動産に特化しているわけではない」という点です。基本的な仕組みや税金については有益な情報を得られるかもしれませんが、さらに専門性を深めるのであれば他の相談先も検討しましょう。

信託銀行

ローンに関する不安を抱えている方には、信託銀行への相談もおすすめです。不動産投資に対応できる機関であれば、以下の質問でも適切な回答を求められます。

  • 現在の状況でローンを契約できるか
  • 投資物件を相続する場合はどうなるか
  • 税金はどのように取り扱うのか

対応可能な知識の深さは信託銀行によってさまざまです。銀行や担当者によって考え方が違うため、「相性」という観点からも自分に合った相談先を見つけましょう。これまで相談した経験がある方は、不動産投資も含めてアドバイスを受けられると安心です。

行政書士

法律的な知識が必要となる場合は「行政書士」に相談する選択肢もあります。会社を設立する際の手続きや財産の相続方法など、幅広い目的で活躍する専門職です。金銭面での相談よりも、手続きに関する不明点を聞いたりスムーズに進行したりといった目的に適しています。

依頼時の料金は行政書士によって異なりますが、安心して投資を続けるためには有益な相談先ともいえるでしょう。分野の広さが不安な方は不動産投資顧問業の登録といった、不動産投資に関する手続きを得意とする行政書士を訪ねるのもおすすめです。

税理士

税金関係の不明点や悩みは「税理士」に相談するのが適切といえます。特に、不動産投資にも関わりの深い確定申告では、専門家として心強いサポートが期待できるでしょう。相談内容として以下の例が挙げられます。

  • 不動産投資でどのような節税効果が得られるのか
  • 発生する税金はどのように計算するのか
  • 確定申告の記入方法が分からない

確定申告そのものを税理士に依頼して、手続きの負担を減らすことも可能です。不動産投資では複雑な内容になるケースも多いため、時間的コストを削減する目的でも有益な方法といえるでしょう。

【関連記事】不動産投資会社の選び方!チェックすべきポイントは?

不動産投資でよくある相談事例9選

頭金0円でも不動産投資はできる?イメージ
IMAGE PHOTO

不動産投資について詳しい計画を立て始めると、金銭的な不安や疑問が増えるかもしれません。専門家に相談するのもおすすめですが、まずは多くの投資家が抱えやすい悩みや相談内容をチェックしておきましょう。

物件の状態やエリア選びなども重要なポイントです。不動産投資において寄せられやすい相談事例を、9種類ピックアップして紹介します。

自己資金がどれくらい必要なのか

投資のスタート時に用意する資金は、各投資家の経済状況や貯蓄状況によってさまざまです。具体的に投資する物件が決まっていない方も、不動産投資会社などに「最低限どのくらい必要か」と相談しておいたほうがよいでしょう。

現状に左右されるのは、ローンの審査基準に影響するためです。年収が極端に少ない場合、「支払い能力が十分でない」と捉えられるかもしれません。最低限度のラインを把握しておくと、計画も立てやすくなるでしょう。

不動産の購入時にどのような資金が必要なのか

投資を始める前に把握しておきたいのは、購入する物件の代金以外にもお金が必要になる点です。主に以下のような費用が発生します。

  • 頭金
  • 仲介手数料(仲介で購入する場合のみ)
  • 融資手数料
  • 火災保険料や地震保険料
  • 登記費用
  • 司法書士手数料
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • ローン事務手数料

物件の規模や購入先によって異なりますが、事前に大まかな金額を聞いておきましょう。自己資金が0円ではスタート後に突発的な修繕が必要となった場合のリスクがあるため、ある程度の資金を用意してから実践できると安心です。

家賃収入でローンは返済できるのか

物件をローンで購入する場合、月々決まった金額の出費が続きます。「返済額をなるべく抑えたい」と希望する方は、家賃収入によってどのくらい負担を軽減できるか相談しておきましょう。

例えば月々の返済が15万円とすると、家賃収入が10万円ある場合は実際の返済金額は5万円で済みます。家賃収入によって補われる返済額も考慮し、収支バランスを見極めながら計画を立てることも大切です。不動産投資会社に相談し、詳しいシミュレーションで可視化してもよいでしょう。

年収が低いと不動産投資は難しいの

「年収が低ければ不動産投資はできない」といわれるのは、ローン審査の基準に影響するためです。年収が高いほど有利に働きますが、融資の可否に明確なラインはありません。比較的年収が低い場合でも、信用情報や貯蓄状況によって契約可能なケースもあります。

現在の経済状況で投資できるか見極めるためには、不動産投資会社などへの相談が重要です。年収面で不安な方は、豊富なプランを提案できる会社を選ぶと有益な情報を得やすいといえます。

物件の管理はどうすればよいのか

自らがオーナーになったあと、建物の設備や衛生面の管理方法が気になる方もいるでしょう。自分で手を加えて維持する方法もありますが、管理会社に任せることもできるので、多忙な方でも投資を始めることが可能です。

具体的な管理方法や費用は物件によって異なるため、あらかじめ明確にできるよう相談してみましょう。管理費用は、規模が大きいほど高額になります。コスト面も考慮しながら予算に合った内容を選ぶのがおすすめです。

リフォーム費用はどれくらいかかるのか

新築物件を購入した場合でも、所有する年数が長くなるとリフォームが必要になるかもしれません。投資直後に修繕するケースは少ないものの、将来のリフォーム費用は予測しておいたほうがよいでしょう。

頻繁なリフォームは収益を減らすリスクもあるため、シミュレーションできると安心です。新築ワンルームマンションのような物件であれば、購入してから修繕が必要になるまでの期間が長いため、リフォームに備えやすくなります。

新築と中古ならどちらがよいのか

購入する物件を選ぶ上で迷いやすいのが、新築・中古の見極めです。中古物件は新築に比べて安価なものが多く、購入費用を抑えたい方に向いています。しかし、購入直後に修繕が必要になる可能性を考えると、リスクが高い選択肢ともいえるでしょう。

新築には物件を担保とした場合の評価が高く、融資を受けやすいメリットもあります。初期の修繕費用や入居率など、総合的に考えるとリスクを抑えやすいのは新築であると考えましょう。個人的な決断が困難な場合は、経験者や専門家に相談するのもおすすめです。

どのエリアの物件を選べばよいのか

空室リスクを回避しながら物件の価値を維持するためには、需要の高いエリアを選ばなければなりません。人の出入りが少ない地域は物件も安価な傾向にありますが、入居者が見つからない危険性も考慮しましょう。

判断基準として分かりやすいのは、都心部やベッドタウンとして知名度が高いエリアです。競合が多くとも、入居者が確保しやすければ継続的な満室状態も期待できます。不動産投資会社に相談するだけでなく、実際に足を運んでリサーチしてもよいでしょう。

リスクを抑える運用方法はどんなものがあるのか

不動産投資に限らず、資産運用はリスクを伴います。可能な限りリスクを避けられるよう、適切な運用方法に関する相談も重ねられると安心です。不動産投資関係の知識を持つ専門家や経験者など、幅広い相談先を確保しておくとよいでしょう。具体的には以下のような方法があります。

  • すぐに使う予定のないお金を資金に充てる
  • 数十年先を見据えた長期的なプランニング
  • 信頼性の高い不動産会社を見極める

また、「どのようなリスクがあるのか」を自らリサーチする心がけも大切です。学び、知識を深めることでリスクの低減にもつなげられます。

【関連記事】不動産投資の初期費用はいくらかかる?費用の項目は?

【関連記事】不動産投資で物件を購入するには?投資のステップや失敗を防ぐ方法

【関連記事】不動産投資のリスクとは?失敗を回避するためのコツも併せて紹介!

不動産投資について相談するメリットは?

相談イメージ
IMAGE PHOTO

投資初心者でも始めやすいといわれる不動産投資ですが、ある程度の知識や経験は必要です。初めて挑戦する方にとっては未知の分野でもあるため、相談することで精神的な負担も和らげられるでしょう。他には以下のようなメリットがあります。

  • 自分に適した運用方法が明確になる
  • 独学では得られない情報を集めやすい
  • 万が一の事態が発生した際、素早い対応につながる
  • 専門的な知識を効率よく学べる

重要なポイントは、内容に応じて相談先を見極める力です。有益な情報を効率的に得るためにも役立ちます。専門的な学びを深める機会にもなるため、積極的に相談したほうが満足な結果につながりやすいといえるでしょう。

不動産投資の相談の際に準備すべきポイント

準備イメージ
IMAGE PHOTO

将来的な目標を定めたり、書類を用意したりといった作業は投資家自身が行う必要があります。相談内容が明確であっても、情報が不足している場合は適切なアドバイスも受けられません。相談先が決まったあとは、相手が状況を把握できるように準備を整えておきましょう。相談時に準備したいポイントを2つの観点から紹介します。

投資の目的を明確にする

不動産投資に挑戦するかどうか迷っている段階であれば、自分自身の情報を提供できる材料を集めましょう。相談する時点での年齢や収入状況などが代表的な例です。相談を受けた相手は、提供された情報を基にプランを組み立てます。

数字で確認できる内容だけでなく、自分が考えている目的・目標を共有したり、自分の価値観を理解してもらうことが重要です。どのくらいの規模で所有したいのか、最終的にどの程度資産を拡大したいのか、といった点もアドバイスに役立てられます。

自分の情報を把握できる書類を用意する

経済的な状況を共有するためには、勤務先などから発行された公的な書類が必要です。以下の項目を参考に、可能であれば相談前に準備しておきましょう。

  • 源泉徴収票(自営業の場合は確定申告書)
  • 融資返済予定表
  • 収支表(他に投資を行っている場合)

収入や借り入れの状況が分かると、相手も具体的なプランを提案しやすくなります。他にローンを組んでいる場合は、全体的な融資状況が分かるような書類をそろえましょう。

適切な相談相手選びのポイントは3つ

相談相手イメージ
IMAGE PHOTO

相談相手選びに重要なのは、相談内容との適合性のみではありません。信頼できる相手から安心してアドバイスを受けられるよう、選定に重要なポイントも押さえておきましょう。提案されるプランの他、デメリットの伝え方や営業の取り組みなども判断基準のひとつです。相談相手選びのコツを3つの項目に分けて紹介します。

自分の希望や状況に合ったプランを提案してくれる相手を選ぶ

投資家の目的や希望を反映せず、一方的にプランを練る場合は相談相手として適切といえません。不動産投資会社にプランを提案してもらうときには、自分の意見を優先しながら考えてくれるような会社を選べると安心です。

資金に余裕がない状況にもかかわらず、無理のある計画を強引に押し付けるケースもあります。物件自体が魅力的なものであっても、リスクを避けるためには別の相談先を探したほうが賢明でしょう。

不動産投資は中長期的な資産運用です。安易に決断すると、相談相手との関係性が悪化するかもしれません。長期的な視点に立って、自分の状況や考え方に合ったプランを提案してくれる相談先を見つけましょう。

デメリットも伝えてくれるところにする

魅力的な条件がそろった物件でも、空室や災害などのリスクは伴います。「現在の利回りがよい」「人気の物件」など、目先のメリットのみを伝える相手は要注意かもしれません。

プランを提案する側は魅力を多く伝えたいものですが、デメリットの共有も重要な要素といえます。リスクを把握した上で安定した運用を続けるには、あらかじめ投資家自身にも理解を求める必要があるためです。

一見「デメリットがほとんどない」と思えるような物件は、どのような危険性があるか説明を求めてみるとよいでしょう。情報量が不十分であると感じる場合は、他の相談先を探して複数の情報を集めたほうが安心です。

むやみに契約を急がせようとするところは避ける

「今すぐに契約しないと価値が下がる」といった言葉で購入を勧められた場合は、焦らず慎重に考えるよう心がけましょう。例えば、収支のシミュレーションやリスクヘッジなどの詳細な説明が明らかに不十分な段階で契約を迫るような不動産投資はおすすめできません。

また、「絶対に儲かります」「今すぐ購入いただければ絶対に損はしません」などといった言葉で勧誘をしてくる営業パーソンは要注意です。

基本的には「入念な計画と複数回の確認を経て決定する」と考えられると安心です。収益までのプロセスやリスクなども慎重に考えてくれる相談先を選定しましょう。

トータル的なアドバイスを求めるならトーシンパートナーズへ!

「どこに相談すればよいのか分からない……」と悩んでいる方は、投資用のワンルーム・コンパクトマンションを展開するトーシンパートナーズにお任せください。首都圏の人気エリアの物件で、適切なプランをご提案します。

区分のワンルーム・コンパクトマンションは大規模なマンションに比べて挑戦しやすい点が特徴のひとつです。資金に余裕がない方に合った資産運用プランも備えています。懸念されるリスクや損失の可能性など、幅広い観点から説明を重ねた上で信頼関係を築いていきます。

手続きや税金に関する相談も受け付けているため、ぜひこの機会に一度お問い合わせください。「大まかな情報だけ知りたい」という場合は、資料請求のお申し込みも可能です。

【関連記事】不動産投資初心者でも大丈夫!不動産投資を始める前に知っておくべきポイントをご紹介!

まとめ

まとめイメージ
IMAGE PHOTO

不動産投資関係の相談先には、税理士やファイナンシャルプランナーといった複数の選択肢があります。相談内容によって適切な相手も異なるため、各相談先の取り組みや得意分野も把握しておきましょう。

総合的な相談が可能な場所を探している方は、ワンルーム・コンパクトマンションの不動産投資をご提案するトーシンパートナーズへお問い合わせください。リスクを抑えながら満足な未来を実現できるよう、希望に沿ったプランをご提案します。

Page Top