ほったらかし投資でお金を増やす
おすすめの方法8選!コツも解説

IMAGE PHOTO

「ほったらかしでお金を増やす方法のおすすめはある?」「失敗を避けるためにはどうすればいい?」

忙しい人でも安心して資産形成を進めるためには、効率的なほったらかし方法を選ぶことが重要です。

本記事では、ほったらかしでお金を増やすおすすめの方法について解説します。また、ほったらかし投資で失敗しないためのポイントについても紹介しています。

この記事を読むことで、自分に合ったほったらかしでお金を増やす方法が見つかり、安心して始めることができるでしょう。

INDEX


    • 入力してください


    • 入力してください


    • 入力してください


    • 入力してください


    • 入力してください


    • 入力してください

    次へ

    プライバシーポリシーを確認する

    お問い合わせありがとうございました。

    お客様のメールアドレスにご確認のメールを送信させていただきました。

    返信メールが届かない場合は、お手数ですが「support@tohshin.co.jp」までご連絡ください。

    また今なら無料個別相談(オンラインorオフライン)を実施しています。

    マンション投資の疑問を解決したい方は以下よりご予約ください。

    無料個別相談を予約する

    ほったらかし投資とは?

    IMAGE PHOTO

    ほったらかし投資とは、投資を開始する前に投資環境を整え、その後は放置して資産を増やす方法です。

    代表的なほったらかし投資の一つが、長期の積立投資です。毎月10日に1万円ずつ積立するなど、着実に投資を行いながら資産を形成していきます。時間を分散させることで、価格変動のリスクを抑えることができるのも特徴です。

    パソコンの前でチャートを見続ける必要もないため、忙しい方や投資初心者にとって、ほったらかし投資は魅力的な選択肢となっています。

    ほったらかし投資をおすすめする理由

    IMAGE PHOTO

    ほったらかし投資をおすすめする理由は、以下の3つです。

    ほったらかし投資は、短期間で大きなリターンを得ることは難しいですが、細かな状況を追う必要がないため、初心者でも安心して始めることができます。また、預貯金に比べてより高い利回りが期待できます。

    ここでは、ほったらかし投資をおすすめする理由について詳しく見ていきましょう。

    投資初心者でも簡単に始めやすい

    ほったらかし投資をおすすめする理由の一つは、投資初心者でも簡単に始められる点です。

    ほったらかし投資では、主に長期の積立投資を行いますので、投資後は細かなチャートのチェックなどをする必要がありません。

    最初に積立内容を設定するだけで、あとは細かな状況を追う必要がないため、投資初心者の方でも安心して始めることができます。また、仕事が忙しくて相場分析に時間を割けない方でも、無理なく続けることができます。

    少額からでも預貯金以上の利回りが期待できる

    少額からでも預貯金以上の利回りが期待できる点も、ほったらかし投資をおすすめする理由の一つです。

    ほったらかし投資では、元本に対して利益(利息、配当金など)が生じた場合、その利益が元本に加算され、さらなる利益が生じる複利効果を得られるのが特徴です。例えば、100万円を2%の利回りで運用した場合、1年後には利益を加算した元本が102万円となります。

    そして次の年では102万円を元本に運用できるため、2万400円の利益が生まれ、合計104万400円となります。

    一方、預貯金には利息などの利益を元本に組み入れないことがあります。そのため、単利の効果しか得られません。100万円を2%の利回りで預貯金した場合、毎年得られる利益はわずか200円となります。

    ほったらかし投資では複利効果を得られるため、少額でも効率的に運用することができます。預貯金などの単利と比べても、利益を増やすことができます。

    金融リテラシーが身に付く

    ほったらかし投資をおすすめする理由は、金融リテラシーが身に付くためです。投資に関する知識がない初心者でも、資産運用を通じて疑問を持ち、調査を重ねることで多くの知識を得ることができます。

    長期間にわたって継続することで、十分な金融リテラシーを身に付けることができます。金融リテラシーは、効果的な資産運用に役立つだけでなく、詐欺的な商品に騙されるリスクを軽減し、本業などにもプラスの影響を与えます。

    ほったらかしでお金を増やすおすすめの方法8選

    IMAGE PHOTO

    ほったらかしでお金を増やす方法には、いろんな方法がありますが、なかでもおすすめなのは、以下の8つです。

    それぞれの方法のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

    ローリスク・ロングリターン「不動産投資」

    不動産投資は、マンションやアパートなどの不動産物件を取得し、入居者から家賃収入を得ることができます。

    ●メリット

    ●デメリット

    不動産投資は、入居者がいる限り、毎月一定の収入を得ることができます。ローンを利用して団体信用生命保険に加入する場合、契約者が死亡や高度障害状態になった場合には、保険金が支払われてローンを返済することができます。

    また、比較的少額の自己資金で始められる上に、家賃収入でローンを返済することができるため、実質的には月々1万円程度の支払いで運用することも可能です。物件の維持管理などの手間は、管理会社に委託することができます。

    仕事が忙しくて運用に手間をかけたくない方や、万一の際に定期収入を生む資産を家族に遺したい方におすすめです。 


      • 入力してください


      • 入力してください


      • 入力してください


      • 入力してください


      • 入力してください


      • 入力してください

      次へ

      プライバシーポリシーを確認する

      お問い合わせありがとうございました。

      お客様のメールアドレスにご確認のメールを送信させていただきました。

      返信メールが届かない場合は、お手数ですが「support@tohshin.co.jp」までご連絡ください。

      また今なら無料個別相談(オンラインorオフライン)を実施しています。

      マンション投資の疑問を解決したい方は以下よりご予約ください。

      無料個別相談を予約する

      少額からできる投資信託「つみたてNISA」

      つみたてNISAは、個人投資家向けの非課税制度です。

      ●メリット

      ●デメリット

      つみたてNISAでは、年間の新規投資額40万円まで、最長20年間非課税となります。通常、株式投資や投資信託などで得た利益には20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISAの場合は非課税です。税負担を軽減できるため、効率のよい資産形成が可能です。

      また、つみたてNISAとは別に、年間120万円まで最長5年間非課税となる一般NISAもあります。

      つみたてNISAや一般NISAを利用するには、証券会社で口座を開設する必要があります。

      節税効果が期待できる私的年金制度「iDeCo」

      iDeCo(個人型確定拠出年金)は、私的年金制度です。加入は任意で、自身で拠出した掛金を自分で選んだ商品で運用します。

      ●メリット

      ●デメリット

      iDeCoは、掛金の全額が所得控除の対象となるため、所得税を軽減することができます。また、運用益は非課税となり、60歳以降に資産を引き出す際には、公的年金等の控除や退職所得控除の対象となります。

      iDeCoは、つみたてNISAとは異なり、具体的な期間(20年間など)に制限がありません
      (加入できるのは20歳以上65歳未満)。また、対象となる商品も幅広く選べます。ただし、60歳までの間は資産を引き出すことはできません。

      少額で不動産に投資できる「不動産クラウドファンディング」

      不動産クラウドファンディングは、インターネット上で複数の投資家から資金を集めて、その資金を使用して不動産を取得・運営し、得られる利益の一部を投資家に分配する仕組みです。

      ●メリット

      ●デメリット

      不動産クラウドファンディングは、1万円程度の資金で手軽に始められます。また、運用や維持管理はプロに任せることができるため、一度投資を行った後は手間をかけることなく運用が可能です。利回りが7〜8%以上の商品もあるため、効率的に資産形成を目指すことができますが利回りが高くなればリスクも高くなり、元本割れもあるので慎重に選ぶと良いでしょう。 

      企業と投資家をマッチングする「ソーシャルレンディング」

      ソーシャルレンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から資金を集めるシステムです。融資型クラウドファンディングとも呼ばれています。

      ●メリット

      ●デメリット

      ソーシャルレンディングの中には、利回りが6〜7%以上の案件も存在します。また、1万円以下の少額で始められるソーシャルレンディングもあるため、少ない金額でも無理なくスタートすることが可能です。

      さらに、3ヶ月など運用期間が短い案件も多く、資金を長期間拘束しなくて済みます。ソーシャルレンディングを始めるには、ソーシャルレンディング会社に会員登録と口座開設をする必要があります。

      知識や判断力が不要の「株の自動売買」

      株の自動売買は、あらかじめ設定した条件に基づいて株を自動的に売買するシステムです。

      ●メリット

      ●デメリット

      株の自動売買では、事前に設定した条件に基づいて売買が繰り返されるため、毎回売買のタイミングを悩む必要がありません。また、感情に左右されずに投資を行うことができます。

      株の自動売買を利用するには、自動売買を提供している証券会社で口座を開設する必要があります。

      初心者でもできる「FXの自動売買」

      FXの自動売買は、あらかじめ設定した条件や選択したシステムに基づき、自動的に売買するシステムです。プロ投資家などが作ったシステムの中から、自身に合ったものを選択することができます。

      ●メリット

      ●デメリット

      自動的に売買が行われるため、感情に左右されることを防げます。また、寝ている間や仕事中など、24時間取引の機会を逃さずに利益を狙うことも可能です。

      FXの自動売買を始めるには、自動売買システムを提供しているFX会社で口座を開設する必要があります。 

      AI(人工知能)にお任せできる「ロボアドバイザー」

      ロボアドバイザーは、簡単な質問に回答するだけで、ポートフォリオの作成や投資先の選定を行い、自動的に資産運用を行うシステムです。

      ●メリット

      ●デメリット

      投資一任型のロボアドバイザーを利用すると、自動的にポートフォリオや投資先の提案を受けることができ、自動運用も可能です。感情に左右されずに運用を行うことができるため、仕事で忙しい方も安心して利用できます。

      希望するロボアドバイザーを選び、口座を開設することで、すぐに運用を開始できます。

      ほったらかし投資のおすすめは?ニーズ別に解説

      IMAGE PHOTO

      ここでは、以下のニーズ別にほったらかし投資のおすすめを紹介します。

      それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

      100万円程度の余剰資金を投資に回したい

      100万円程度の余剰資金を投資したい場合、株式投資や投資信託がおすすめです。例えば、配当利回りが3%の場合、年間で約3万円の配当金を得ることができます。

      また、100万円あれば、多くの銘柄が対象になります。一般NISAを活用すると、運用益が非課税となるため、効率的な資産運用が可能です。

      できるだけ元本割れせずローリスクで投資したい

      ローリスクで投資したい場合は、個人向け国債という選択肢があります。個人向け国債は、国が発行する債券であり、元本割れのリスクが低いのが特徴です。

      ただし、利回りが低いため、大きな利益を得ることは難しいです。

      すこしでも良いから不労所得を得たい

      少しでも不労所得を得たい場合は、駐車場経営やコインランドリー、自動販売機、アフィリエイト(広告)など、様々な方法があります。

      それぞれの方法を理解し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。最初は、初期費用が少なくリスクが低い方法がおすすめです。

      ほったらかし投資で失敗しないためには

      IMAGE PHOTO

      ほったらかし投資には、どの投資商品にもデメリットや注意点が存在するため、それらを事前に理解しておくことは重要です。また、以下の失敗しないためのポイントを押さえておくことで、リスクを回避することができます。

      これらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

      定期的に状況やポートフォリオの見直しをする

      「ほったらかし投資」とは言われますが、完全に手放しにするのは避けるべきです。月に1回程度は資産状況をチェックし、ポートフォリオが適切か確認しましょう。ポートフォリオとは、保有する資産の一覧や組み合わせのことです。

      もし想定以上の損失が出ていたり、将来的にプラスの見通しが立たない場合など、最初の予定と状況が異なる場合は、投資先を変更するなどの対策を検討しましょう。適切な判断と行動を取ることで、リスクを最小限に抑えることができます。

      余剰資金を使って投資する

      投資には余剰資金を使うのが基本です。生活資金を使うと、損失が生じた場合に支払いに影響が出る可能性があります。

      ただし、余剰資金であるからといって一度に全額を投資するのではなく、少額からコツコツと運用することをおすすめします。少額から始めることで、投資のリスクを最小限に抑えながら経験を積むことができます。

      また、経験を積んだら投資資金を増やしていくとよいでしょう。

      契約内容や条件を理解してから始める

      ほったらかし投資を始める際には、契約内容や条件を事前に理解してから取り組みましょう。ほったらかし投資では投資後に放置する時間が長くなるため、事前の確認が重要です。「何かわからないけど、とりあえず始める」という状況は避けましょう。

      また、ほったらかし投資に適切とされるのは、「分散・長期・少額」の投資商品です。これらの基準に沿った投資商品を選ぶことで、リスクを適切に抑えることができます。多くの投資家が「分散・長期・少額」を基準にして投資商品を選ぶのはそのためです。

      月々1万円でローリスク&ロングリターンな資産運用

      将来に漠然とした不安を抱えてはいるものの、なにをしたらよいかわからない……。

      トーシンパートナーズではそんなお悩みを抱えるみなさまに、マンション経営をご案内しています。

      マンション経営と聞くと空室の発生や、家賃の下落・滞納・資産価値の下落などの不安要素が思い浮かぶかもしれません。ですがパートナーとなる会社次第で、ご不安は限りなくゼロに近づけることができます。

      家族のために、自分のために、未来の安心のために、ローリスク&ロングリターンな資産運用を始めてみませんか?

      公式LINEで自分に合った投資法が見つかるおすすめ投資法診断
      公式LINEで自分に合った投資法が見つかるおすすめ投資法診断

      まとめ

      IMAGE PHOTO

      この記事では、ほったらかしでお金を増やすおすすめの方法や、ほったらかし投資で失敗しないためのポイントなどについて紹介しました。

      ほったらかし投資は、初心者や忙しい方でも始めやすく、預貯金よりも高い利回りが期待できるためおすすめです。

      不動産投資やソーシャルレンディング、ロボアドバイザーなど、様々な方法があります。それぞれで特徴が異なるため、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

      この記事を参考にして、早速、ほったらかし投資を始めてみましょう。